@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イトヒキアジ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イトヒキアジ
Alectis ciliaris
スズキ目アジ科の海水魚。全長約 70cm。体は強く側扁し,菱形で,青白色の地に黒色横帯がある。背鰭,尻鰭の前部軟条は糸状に伸び,全長の2倍の長さになる。本州中部以南,インド洋分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

イトヒキアジ【thread‐fin】
スズキ目アジ科の海産魚(イラスト)。和名英名とも第2背びれとしりびれの前方の軟条が糸状に長くのびることによる。カンザシダイと呼ぶ地方もある。幼魚のときほど長く(体長の3倍に達する),成長するに従ってだんだん短くなる。ひし形の体は銀白色に輝く。背部は青みを帯び,非常に美しい魚の一つに数えられる。分布は広く,紅海,インド洋,南シナ海オーストラリアからハワイに及ぶ西部太平洋各地の内湾や浅海域に見られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

イトヒキアジ
いとひきあじ / 糸引鰺
[学]Alectis ciliaris
硬骨魚綱スズキ目アジ科に属する海水魚。本州中部以南の太平洋およびハワイ、サモア、インド洋にかけて広く分布し、沿岸にすむ。南日本各地では定置網や釣りで漁獲される。全長90センチメートルに達し、体は菱(ひし)形に近く、大きく側扁(そくへん)している。幼期では第2背びれと臀(しり)びれの前部の軟条は糸状に伸び、長さは全長の2倍余りになるが成長とともに短くなる。稜鱗(りょうりん)(ぜんご)は小さく尾柄(びへい)部付近の側線の直走部にだけある。食用魚としての価値は低いが、幼魚はひれをなびかせて泳ぐ姿が優美なので、水族館などでの観賞用として人気がある。[鈴木 清]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イトヒキアジ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イトヒキアジの関連情報

関連キーワード

サケ・マス科のおもな種類サケ・マス出世魚ダンチクムクロジテングザルノカンゾウ(野萱草)アル・カッサムカッサム土俵

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation