@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イニシアル

大辞林 第三版

イニシアル【initial】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

イニシアル
いにしある
initial
(かしら)文字。ラテン語のinitialis(始まり、最初)などを語源とすることばで、略式の署名signとして用いられたり、各種名称の略称として用いられる。たとえば、George Bernard ShawのイニシアルはG.B.S.であり、また、姓surname, family nameに付けてG.B.Shawなどと書く。企業名でも日本航空Japan Air LinesはJAL、日本放送協会はNHKなどとよび、地名ではニューヨーク市をN.Y.C.などとする。
 イニシアルを用いる歴史は古くローマ時代にさかのぼり、ローマ人は略字や略称をたいへん好んだ。本や文書の文の最初の文字は、本文と異なって大文字や装飾性に富む文字で書かれる。中世の写本では、動植物の模様などのとくに手のこんだデザインや鮮やかな色彩(とくに赤色を用いる例が多い)を用い、文字本来の役割を超えて芸術性の高い文字が多くみられる。イニシアルを俗に花文字というのは、こうしたことが原因となっている。この伝統は印刷術の発明以後にも受け継がれ、イニシアルだけは手書きによって制作された例も多い。現代の印刷物でも、イニシアルには装飾的な文字を用いることがあり、文字は簡素なスタイルであっても、しばしば赤色で印刷される。[斎藤公一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

イニシアル(initial)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イニシアル
頭文字」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イニシアル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イニシアルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation