@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イヌビワ

世界大百科事典 第2版

いぬびわ【イヌビワ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

イヌビワ
いぬびわ / 犬枇杷
[学] Ficus erecta Thunb.

クワ科(APG分類:クワ科)の落葉または常緑小高木で、沖縄以南では常緑。高さ約5メートル。樹皮は灰色を帯びる。葉は互生し柄があり、倒卵形ないし長楕円(ちょうだえん)形、長さ8~20センチメートル、ほぼ全縁で紙質、裏面は淡緑色。葉の腋(わき)に1個まれに2個のいちじく状花序をつけ、倒卵形ないし球形で紫黒色に熟す。雌雄異株。イチジク属の植物では、花序が特異な形の壺(つぼ)状となり、頂端の孔が鱗片(りんぺん)に覆われ、花は外界から隔離されている。そのため花粉の媒介は、種に特有のイチジクコバチ科の小昆虫が寄生して行われるという。コバチが寄生して生じる虫癭花(ちゅうえいか)と雄花とをつける花序は食べられないが、雌花の花序は受粉して実り、食用となる。この属の植物(約800種)の多くは熱帯に分布する。種子の散布は鳥によってなされ、鳥の消化液で種子の発芽が促進されるようである。直接播種(はしゅ)したのではめったに発芽しない。関東地方以西の本州、四国、九州、沖縄と、台湾に分布する。

[島袋敬一 2019年12月13日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イヌビワ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イヌビワの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation