@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イマジズム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イマジズム
Imagism
20世紀の初め,英米で起った新運動。 T.E.ヒュームの影響のもと,1912年頃から E.パウンドを中心に始められ,ギリシア・ローマの短詩,日本の俳句,フランスの象徴詩などを援用し反ロマン主義的詩論を展開,『イマジストたち』 Des Imagistes (1914) 以下4冊のアンソロジーを出した。 14年パウンドが「渦巻派」に転じたため,以後は A.ローエルが指導的役割を果した。ほかに R.オールディントンH.D. (本名 H.ドゥーリトル) ,F.S.フリント,J.G.フレッチャーらが代表的詩人。その周辺にいて大きな影響を受けた詩人に,C.エイキン,M.ムーア,D.H.ロレンスがいる。正確な単語の使用,新しいリズムの創造,題材選択の自由,明確なイメージの提示,堅い明確な詩体,集中主義を主張,象徴主義の音楽に代って彫刻との類似を追究したイマジズムの意図は現代詩の底流となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

イマジズム(imagism)
1910年代の英米で推進された詩作上の運動。エズラ=パウンドが首唱し、明確なイメージによって対象を直接的、具体的に描出しようとした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

イマジズム【imagism】
1910年代,エズラ・パウンド主唱の下に起こった英米の自由詩運動。1909年3月,反ロマン主義の詩論家T.E.ヒュームは,〈詩人クラブ〉を脱会して,仲間の詩人たちと毎週,ロンドン市内のソーホー地区の安レストランに集まり,フランスの象徴詩や日本の俳句にヒントをえて,イメージを重んじた自由詩の実験を試みた。この集りは1年ほどしかつづかず,彫刻家から社会運動家までを含む広範な社交の集りに変わってしまった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

イマジズム【imagism】
1910年代のイギリス・アメリカにおける自由詩の運動。俳句などの影響のもとに新しい主題と明確なイメージを見いだし、従来の韻律にこだわらない簡潔な詩をめざした。主な詩人に T = E =ヒューム、 E =パウンドなど。写象主義。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

イマジズム
いまじずむ
Imagism
1912年から1917年にかけてアメリカ、イギリスでおこった詩の運動。詩に明確で精密なイメージを回復させることを目標とする。E・W・L・パウンドが、その詩集『当意即妙(リポースト)』(1912)の巻末に付録としてあげたT・E・ヒュームの短詩について、このことばを用いたことに始まる。当初はimagismと小文字始まりで表記されていた。その特色は、翌1913年の詩誌『ポエトリ』掲載のパウンド著「1イマジストによるべからず集2・3」と、F・S・フリントFrank Stuart Flint(1885―1960)著「イマジスト綱領」によると次の三つである。(1)瞬間のうちに知的、情緒的な複合体を呈出すること。(2)余剰を切り詰めて、具体的な「事物」それ自体を明確なことばで表現すること。(3)因習的な韻律を排して、新しい音楽性をもった韻律を創始すること。これには日本の俳句、中国の詩などの影響が強く、文学運動として絵画の領域にできるだけ接近しようとした試みということができる。ここには、19世紀的な観念的で情緒過剰な詩への激しい挑戦の意図がある。パウンドは1914年に詞華集『デ・ジマジスト』を刊行し、J・G・フレッチャー、オルディントン、A・ローウェル、ドゥーリトル(H.D.の筆名で著名)らの作品を世に送った。しかし、その後パウンドは、この運動が静止的にすぎることに飽き足らず、「渦巻主義(ボーティシズム)」を創始し、ローウェルが中心となったため、「エイミジズム」などと悪口をいわれて下火になった。[出淵 博]
『アール・マイナー著、深瀬基寛・大浦幸男訳『西洋文学の日本発見』(1959・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

イマジズム
〘名〙 (imagism) 文学における写実主義。一九一〇年代、イギリス、アメリカに起こった自由詩の運動。イギリスの詩人ヒュームの影響を受けて、アメリカの詩人エズラ=パウンドが主唱した。韻律にこだわらず、輪郭や形象を明確にすることに力点をおき、反ロマン主義を主張。形象主義。写象主義。表象主義。
※氷島(1934)〈萩原朔太郎〉自序「近代の抒情詩、概ね皆感覚に偏重し、イマヂズムに走り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イマジズム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イマジズムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation