@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イメルダ スタウントン

現代外国人名録2016

イメルダ スタウントン
Imelda Staunton
職業・肩書
女優

国籍
英国

生年月日
1956年1月9日

本名
Staunton,Imelda Mary Philomena Bernadette

勲章褒章
OBE勲章

受賞
ローレンス・オリビエ賞(最優秀助演女優賞,第10回)〔1985年〕「小麦は緑」「浮気なシナリオ」,ローレンス・オリビエ賞(ミュージカル・エンタテインメント女優賞,第15回)〔1991年〕「イントゥ・ザ・ウッズ」,ベネチア国際映画祭最優秀主演女優賞〔2004年〕「ヴェラ・ドレイク」,全米映画批評家協会賞〔2004年〕「ヴェラ・ドレイク」,ニューヨーク映画批評家協会賞(女優賞)〔2004年〕「ヴェラ・ドレイク」,ロサンゼルス映画批評家協会賞(女優賞)〔2004年〕「ヴェラ・ドレイク」,ヨーロッパ映画賞(女優賞)〔2004年〕「ヴェラ・ドレイク」,BAFTA賞(主演女優賞)〔2005年〕「ヴェラ・ドレイク」

経歴
舞台女優として活躍し、ローレンス・オリビエ賞を2回受賞(「イントゥ・ザ・ウッズ」で最優秀主演女優賞,「小麦は緑」「浮気なシナリオ」で最優秀助演女優賞)。また定期的にナショナル・シアターの舞台に立ち、リチャード・エアー演出「野郎どもと女たち」のミス・アデレード役や、「乞食オペラ」「第二次大戦のシュヴァイク」などに出演。2004年マイク・リー監督「ヴェラ・ドレイク」でベネチア国際映画祭最優秀主演女優賞など多数の映画賞を受賞。映画〈ハリー・ポッター〉シリーズでは魔女ドローレス・アンブリッジ役を演じた。他の出演作に舞台「ワーニャ叔父さん」「Habeas Corpus」「Calico」、映画「ピーターズ・フレンズ」(1992年)、「から騒ぎ」(’93年)、「いつか晴れた日に」(’95年)、「恋に落ちたシェイクスピア」(’98年)、「ラット・ゲーム」(’99年)、「ファミリー・ビジネス」(2002年)、「フリーダム・ライターズ」(2007年)、「家族の庭」(2010年)、「アウェイクニング」(2011年)など。

出典:日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イメルダ スタウントン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イメルダ スタウントンの関連情報

関連キーワード

新藤兼人[各個指定]工芸技術部門斎藤寅次郎中平康野村芳太郎マキノ雅広川島雄三ソビエト連邦史(年表)市川崑コーマン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation