@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イヨネスコ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イヨネスコ
Ionesco, Eugène
[生]1912.11.26. スラチナ
[没]1994.3.28. パリ
フランスの劇作家。ルーマニアに生れ,生後1年でフランスに移住,以後高等学校,大学時代以外はフランスに居住。 36歳から劇作活動に入った。 1956年『椅子』 Les Chaises (1952) の再演の成功を機に,いわゆるアンチ・テアトルの代表作家として,世界的に名を知られるようになった。 70年アカデミー・フランセーズ会員。その作風は不条理演劇といわれ,近代的な意味での主体が存在せず,言葉は本来の秩序を失って解体される。操り人形のような登場人物が織りなす,シュルレアリスム的な幻想や夢は,独特の諧謔を交えて描き出される。傑作『禿の女歌手』 La Cantatrice chauve (50) のほか,『無給の殺し屋』 Tueur sans gages (59) ,『 (さい) 』 Le Rhinocéros (60) ,『瀕死の王』 Le Roi se meurt (62) ,『渇きと飢え』 La Soif et faim (66) ,評論集『ノート・反ノート』 Notes et contrenotes (62) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

イヨネスコ(Eugène Ionesco)
[1912~1994]フランス劇作家ルーマニア生まれ。「禿の女歌手」「授業」「椅子」などで、アンチテアトル反演劇)の代表者となった。ほかに「」「瀕死の王」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

イヨネスコ【Eugène Ionesco】
1912‐94
フランスの劇作家。ルーマニア人を父,フランス人を母として,ルーマニアのスラチナで生まれ,13歳までフランスで育ち,ブカレスト大学に学んだ後,1938年にパリに戻る。48年に英会話教科書をもじって,日常的な形式論理の無意味さや会話による意思疎通の不可能,それに伴う言語の解体,その帰結としての精神崩壊という現代人の不安を如実に舞台化した《禿の女歌手La cantatrice chauve》(1950)を書き,〈反戯曲〉と副題をつける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

イヨネスコ
いよねすこ
Eugène Ionesco
(1912―1994)

フランスの前衛劇作家。ルーマニアのスラティーナに生まれ、フランス人の母とともに1歳でパリに出て幼年期をフランスで過ごし、青年期は母国へ戻ってブカレスト大学を卒業。フランス語の教師となり、文芸評論を書き始めるが、1938年からパリに定住。50年、処女戯曲『禿(はげ)の女歌手』がニコラ・バタイユ演出によってノクタンビュール座で上演されたことで、いわゆるアンチ・テアトル(反演劇)の先駆となった。題名とはなんの関係もない内容をもつこの作品は、アシミルの英会話入門書から発想され、単純なことばの表現によって繰り広げられる日常的な自明の現実が、「ことばの関節が外れ、内容が空洞化する」ことによって崩壊してゆくようすを描いた「言語の悲劇」なのである。

 初期の作品『授業』(1951初演)、『椅子(いす)』(1952)、『義務の犠牲者』(1953)、『アメデまたはいかに厄介払いするか?』(1954)、『ジャックまたは服従』(1955)などは激しい反発を巻き起こしたが、1956年『椅子』の再演によって、彼の作品は一般大衆に浸透した。それ以来やや前衛性は緩和されて寓話(ぐうわ)性や風刺性が増し、『無給の殺し屋』(1959)、『犀(さい)』(1960)、『瀕死(ひんし)の王』(1962)など、主人公ベランジェが登場して筋の論理的発展を構成し、作品相互のつながりさえつくりだすようになる。とくに『犀』は国立劇場オデオン座でジャン・ルイ・バロー演出により上演されたほか、世界各地で上演された。66年コメディ・フランセーズにおいて大作『渇きと飢え』が上演され、70年にはついにアカデミー会員に選ばれる。その後『殺戮(さつりく)ゲーム』(1970)、『このすばらしい娼家(しょうか)』(1973)などを書き、近作に『死者たちへの旅』(1980)。戯曲以外には、短編小説『大佐の写真』(1962)、評論集『ノート・反ノート』(1958)などがある。

[利光哲夫]

『大久保輝臣他訳『イヨネスコ戯曲全集』全4巻(1969・白水社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

イヨネスコ
(Eugène Ionesco ウジェーヌ━) フランスの劇作家。ルーマニア生まれ。「禿の女歌手」「授業」「椅子」などで、アンチテアトル(反演劇)の代表者となった。ほかに「犀」「瀕死の王」など。(一九一二‐九四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イヨネスコ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イヨネスコの関連情報

関連キーワード

牧野省三白瀬矗光の科学史[各個指定]工芸技術部門ヤマサキバーブ明治天皇大正准州ジゴマ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation