@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イラストレーション

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イラストレーション
illustration
本来的には,書物,新聞,雑誌などの文章記述の内容をわかりやすく説明するため,または飾りのために添える広い意味での挿絵。絵や版画に限らず,写真などを組合せたコラージュなど,その形式は広い範囲にわたっている。書物の成立した古代エジプト以後,挿絵は絵画芸術の一分野として発達してきたが,印刷技術の発展がその発達と多様化を急速に進めることになった。日本では特に小説の挿絵が,独自の新聞連載小説というジャンルのなかで,世界にも類のない特殊な発達をみせている。本来,挿絵は文章に対して従属的な位置にあるものであるが,ある目的に合せて描かれる本の表紙絵や広告の絵なども,いまではしばしばイラストレーションと呼ばれ,それ自体が鑑賞評価の対象とされる傾向がある。また絵画芸術の分野では,とりわけ中世装飾写本の挿絵と,近代の版画による詩集その他の挿絵が注目される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

イラストレーション(illustration)
書物や広告に用いられる説明や装飾のための挿絵・図解や写真。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流通用語辞典

イラストレーション
さし絵、説明図のことで、絵画的表現、図案的表現、写真による表現などがある。広告の構成要素の中で、注目を引きつけるために使用される視覚的要素で、略してイラストともいう。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

イラストレーション【illustration】
イラストレーションはイルミネーションと同じく,ラテン語の〈光〉をあらわす語から派生している。テキスト(本文)につけて,明るく照らし出すものという意味で,図示し,彩飾する役割を持っている。イルミネーションは中世の写本頭文字の飾りなどを指し,古代から現代にいたる挿絵を全体として示すにはイラストレーションの語を使う。写本画 イラストレーションの歴史は,15世紀半ばのグーテンベルクによる印刷術の発明以前(写本の時代)とそれ以後(活版本の時代)に分けられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

イラストレーション
いらすとれーしょん
illustration

言語による表現と同時に知覚されることを前提としつつ、その制作物における主題をより的確に表現することを目標として制作される合目的的な画像。イラストレーションという概念の範囲には、絵画、図解、図表、写真などが含まれる。なお、日常一般には挿絵と同義に解されることも少なくない。

 イラストレーションの歴史は、古代エジプトの「死者の書」における挿絵にまでさかのぼることが可能である。また、15世紀初頭のランブール兄弟による『ベリー公のいとも豪華なる時祷書(じとうしょ)』のごとき手写本装飾は、イラストレーションあるいは挿絵という領域の華麗な一頂点を示すものとして高く評価されている。一方、15世紀中葉における活版印刷術の発明は、筆彩による挿絵を木版や銅版へ、さらには石版によるものへと向かわせることとなり、19世紀後半に写真製版が実用化されるに及んで、挿絵は各種印刷技術の活用を前提とするものとなった。

 挿絵とは、主として、言語による表現のための説明的ないし補助的な役割を担う絵画をいうが、19世紀なかばからの絵入り雑誌や新聞などの隆盛により、イラストレーションは、言語による表現に従属するのではなく、それ自体が独立した表現となった。イラストレーションは、芸術としての絵画におけるがごとき一品制作、原画崇拝という呪縛(じゅばく)から解き放たれ、基本的には個人性に基づく手仕事でありながら印刷技術を駆使しつつ大衆との接点を保持している。イラストレーションが現代社会においてとくに注目されるに至った主たる素因をここに認めることができる。イラストレーターという職業が確立され、印刷を前提とした彼らの絵は、マス・メディアを通してファッションや広告の世界へと広がりをみせている。

[武井邦彦]

『原弘他編『グラフィックデザイン大系第2巻 イラストレーション』(1960・美術出版社)』『美術出版社編・刊『12人のグラフィックデザイナー』全3集(1968~69)』『日本グラフィックデザイナー協会教育委員会編『ヴィジュアル・デザイン第3巻 イラストレーション』(1993・六耀社)』『新井苑子著『イラストレーションの発想と表現――イメージを無限に広げるイラストレーションの不思議』(1993・美術出版社)』『宇野亜喜良・田中一光ほか監修『日本のイラストレーション50年』(1996・トランスアート)』『J・ヒリス・ミラー著、尾崎彰宏・加藤雅之訳『イラストレーション』(1996・法政大学出版局)』『京都造形芸術大学編『イラストレーションの展開とタイポグラフィの領域』(1998・角川書店)』『日本グラフィックデザイナー協会編『イラストレーション』(2000・六輝社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

イラストレーション
〘名〙 (illustration) 新聞、雑誌、書籍の文章に添えて視覚的効果をねらう解説図、さし絵、写真などをいう。また、商業・宣伝美術に使われるポスターなどの絵。イラスト。〔外来語辞典(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イラストレーション」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イラストレーションの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation