@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イラン高原【イランこうげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イラン高原
イランこうげん
Plateau of Iran
西南アジア,イランの中央部からアフガニスタンパキスタン西部にかけて広がる高原。面積約 250万km2。そのうち約 150万km2がイラン領。平均標高は 900~1500m。北にエルブールズ山脈南西ザグロス山脈,東にヒンドゥークシ山脈が走っている。これらの古第三紀褶曲山脈に囲まれているため,高原内部は海岸の影響を受けず,極端な大陸性の乾燥気候を呈する。そのためカビール砂漠ルート砂漠などの塩分の多い大砂漠が発達する。各褶曲山脈の山麓部にはオアシスが点在し,これらを縫って交通路が延びる。山麓部を除けば大部分が未開発。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

イラン‐こうげん〔‐カウゲン〕【イラン高原】
イランの主要部を占め、アフガニスタン・パキスタンの西部にまたがる平坦な高原。降水量が少なく、カビール砂漠・ルート砂漠が広がる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

イランこうげん【イラン高原 Iranian Plateau】
西はティグリス,ユーフラテス川の谷から東はインダスの峡谷まで,北はエルブルズ山脈から南はザーグロス山脈まで広がる高原。約260万km2。イランの約90%はこの高原上にあり,東ではアフガニスタンとパキスタンの一部が含まれる。大陸性気候で降水量は少なく(年300mm以下)乾燥し,農業にはカナートなどを用いた灌漑を必要とする。中央部にはカビール,ルートなどの大砂漠,塩湖,ワーディー(涸れ川)がある。【岡 正孝】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

イラン高原
いらんこうげん
Plateau of Iran

北をアルボルズ山脈、南をザーグロス山脈に囲まれた、標高1000メートルを超える三角形の高原地帯。イラン国土の大部分を占める。中央アジアと西アジアの掛け橋として、古代から重要な歴史的役割を果たしてきた。冬季に若干の降水はみられるものの概して乾燥しており、年降水量は250ミリメートルに達しない。高原中央部にはカビール、ルートの二大砂漠が横たわっている。しかし渓谷部や砂漠周辺の天然オアシスのほか、カナート(集水暗渠(あんきょ))による人工灌漑(かんがい)が行われて集落形成を可能にしたため、テヘラン、シーラーズ、イスファハーンなどの主要都市が高原内部に多く存在している。

[香川優子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

イラン‐こうげん ‥カウゲン【イラン高原】
アジア大陸西南部にある高原。標高五〇〇~一五〇〇メートル。イラン国土の大部分を占める。ルート砂漠、カビール砂漠などの砂漠があり、塩湖、尻無川(しりなしがわ)が多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イラン高原」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イラン高原の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation