@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イリゴージェン

世界大百科事典 第2版

イリゴージェン【Hipólito Yrigoyen】
1852‐1933
アルゼンチンの政治家。大統領(1916‐22,28‐30)。バスク系移民の子としてブエノス・アイレス市に生まれる。母の実弟に当たるアレムLeandro Alemの手引きで政界に身を投じ,1878年ブエノス・アイレス州議会の下院議員に当選。政治の刷新を求めた90年の革命に参加したのち,翌年アレムらとともに急進党(正式名は急進的市民連合)を結成した。93年同党が組織した全国的武装蜂起の際はブエノス・アイレス州の運動を指導し,一時州都ラ・プラタ市を制圧したが,連邦軍により鎮圧された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

イリゴージェン
いりごーじぇん
Hipólito Yrigoyen
(1852―1933)

アルゼンチンの政治家、大統領(在任1916~22、1928~30)。バスク系移民の長男としてブエノス・アイレス市に生まれ、教員生活を経て政治の世界に身を投じた。1891年急進党の結成に参加し96年以来党の最高指導者の地位にあった。行政府の干渉を排した選挙制度の実現を求めて執拗(しつよう)な闘争を続け、1912年選挙法の改正を実現させた。16年大統領に選出され、年金制度の拡充や大学改革、国家石油公社(YPF)の設立など、民主的、民族主義的施策で大衆の支持を得た。憲法の連続再選禁止の規定に従って22年大統領職を辞し、28年再選されたが世界恐慌に伴う経済・社会危機を収拾しえず、30年9月6日、軍のクーデターにあって失脚した。

[松下 洋]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イリゴージェン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イリゴージェンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation