@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イル・ハン国【イル・ハンこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イル・ハン国
イル・ハンこく
Īl-khante; Īl-khaniyān
イランのモンゴル王朝(1256~1353)。代々の王が「イル・ハン」(トルコ語で「国の王」の意。→イル)の称号をとったのでこの名がある。1253年モンケ・ハンの命により,その弟フラグ(旭烈兀)在位 1256~65)は遠征軍を率いてイランに向かい,まずアサッシン派教徒を覆滅し,次いでバグダードアッバース朝を滅ぼし,さらにシリア,パレスチナをも占領した。フラグは 1259年モンケの死の報に接して帰還しようとしたが,エジプトのマムルーク朝のシリア進出に備えて遠征軍とともにイランの地にとどまった。フラグをはじめ諸代のイル・ハンは朝を宗室と認め,友好関係を保ったが,チャガタイ・ハン国キプチャク・ハン国とは領土問題をめぐって対立を続けた。イル・ハン国支配の前半期には,各王家の支持を背景とする諸族が各地に割拠し,王位継承問題や領土問題をめぐってしばしば内乱を起こしたため,王権は弱体であった。しかし,第7代ガーザーン・ハン(合賛汗)(在位 1295~1304)はこれら諸族を押さえ,また税制改革や行政改革を実施して中央集権的支配体制を確立し,さらにイスラムを採用してモスクマドラサの建築にも意を傾け,イスラム国家としての統治方針を打ち出した。ガーザーン・ハンの弟ウルジャーイトゥー(在位 1304~16)は,兄の統治方針を踏襲したが,その没後,再びモンゴル諸族の対立が表面化し,内乱と無政府状態のなかにイル・ハン国は急速に衰退していき,チョバン朝ジャラーイル朝が実権を掌握するにいたって,事実上その支配は崩壊した。イル・ハン国の治世には,異民族の支配ながら,イラン・イスラム文化が保護,育成され,天文学(→イル・ハン表),歴史学などの学問や建築・美術(→イル・ハン朝美術)にみるべきものが多い。特に歴史学においては,ジュバイニーラシード・ウッディーンのような優れた史家が現れ,彼らの著した歴史書はそれ以後のペルシア語歴史著述の一つの典型となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イル・ハン国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イル・ハン国の関連情報

関連キーワード

大空位時代康元善鸞大空位時代九条頼嗣九条頼経建長康元大空位時代湛慶

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation