@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イワツバメ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イワツバメ
Delichon dasypus; Asian house martin
スズメ目ツバメ科全長 12cm。頭上,背,,尾羽が黒く,胸腹部と腰が白い。尾羽は浅い尾形。海岸高山岩壁,ビルや橋などに営し,集団繁殖する。渡り鳥で,ロシア南東部から日本,朝鮮半島東アジアヒマラヤ山脈山麓で繁殖し,ヒマラヤ南部やインド中東部,東南アジアで越冬する。日本では夏として渡来し,北海道本州四国地方九州地方で繁殖し,少数は本州中部以南の暖地で越冬している。近年,開発による営巣場所のビルや陸橋の増加に伴い,繁殖地が平野部にまで広がっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

イワツバメ【house martin】
スズメ目ツバメ科の鳥(イラスト)。山地や海岸の垂直な岩場に多数群生するのでこの名がある。ヨーロッパの都市には昔から高層建築が多く,これに好んで営巣するため,市街地にもふつうにすんでいる。第2次世界大戦後は,日本でも本種が市街地などに進出し,一部ではツバメにとって代わる傾向が見られる。ユーラシア大陸の温帯から亜寒帯とアフリカ北部で繁殖し,温帯以北のものは熱帯から南半球にかけて越冬する。日本では,3月中旬~5月上旬に渡来,9月上旬~10月下旬に渡去する夏鳥で,九州以北で繁殖する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

イワツバメ
いわつばめ / 岩燕
house martin
[学] Delichon urbica

鳥綱スズメ目ツバメ科の鳥。イワツバメ属3種中の1種。全長約14.5センチメートル。背面は黒色で腰が白く、尾羽は短く、切れ込みは浅い。下面は白色、のどと上胸およびわきは汚白(おはく)色を呈する。ツバメより小さく、足は白毛で覆われる。日本には夏鳥として渡来し、山地の岩壁、海岸の崖洞(がいどう)、河川の橋梁(きょうりょう)、あるいは人家の軒などに、泥を固めた壺(つぼ)状の巣を集団でつくる。冬季、日本各地に滞留するものも少なくない。ユーラシア大陸一帯に繁殖地があり、冬季はアフリカ、インド、東南アジアに分布する。

[坂根 干]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イワツバメ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イワツバメの関連情報

関連キーワード

CDチチタケアル・カッサムカッサムDVD記録型DVD次世代DVDスーパー・オーディオCD(SACD)ブルーレイ・ディスクBlu-ray Disc

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation