@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イワナンテン

日本大百科全書(ニッポニカ)

イワナンテン
いわなんてん / 岩南天
[学]Leucothoe keiskei Miq.
ツツジ科の常緑低木。葉は互生し、長卵形、長さ5~8センチメートルで先は鋭くとがり、縁(へり)に鋸歯(きょし)があり、質は厚く、光沢がある。6~7月、葉腋(ようえき)に白色で筒形の花が数個総状につき、下垂して開く。花冠は長さ1.5~2センチメートルで先は浅く5裂し、雄しべは10本。果実は扁球(へんきゅう)形、径7ミリメートルの(さくか)で、果柄の先が上に曲がる。山地の崖(がけ)に垂れて生え、本州の関東、東海、近畿地方に分布する。名は、岩場に生え、葉がナンテンの葉に似ているのでつけられた。鉢植えにする。イワナンテン属は約35種が日本、北アメリカ、南アメリカ、ヒマラヤ、マダガスカルに分布する。北アメリカ原産のアメリカイワナンテンL. catesbaeiは栽培されている。[小林義雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イワナンテン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イワナンテンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation