@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

インキ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

インキ
ink
顔料あるいは染料を含んだ液体または半流動体の製品。歴史は古く前 2500年頃から,古代エジプトや中国で使用されていた。筆記用,印刷用に2大別されるが,個々にはボールペンなどの特殊筆記用,ヒートセットインキ,スチームセットインキ,金属インキ,ケイ光インキ,磁気インキなどの特殊印刷用,スタンプ用などいろいろな用途のインキがあり,また色インキにも多種類のものがある。日本では明治時代に工業化が開始され,文化,工業技術の発達とともに展開をとげた。 (→印刷インキ )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

インキ【ink】
インクともいう。インキを用途別に分類すると,筆記用インキ(タンニン酸鉄インキ,色インキ,墨汁など),印刷インキ,各種の特殊インキなどがあるが,単にインキという場合は,タンニン酸鉄インキ(ブルーブラック・インキ)を中心とした筆記用インキを指す。筆記用インキの歴史は紀元前2500年にさかのぼり,エジプトや中国では当時すでにランプのすすで作った今日のを使用していた。タンニン酸鉄インキが出現したのは紀元前210年といわれるが,現在のブルーブラック・インキに近い形に完成したのは19世紀である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

インキ【inkt】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

インキ
いんき
ink
文字を書写したり印刷する場合に用いる液体。インクともいう。水溶性と油溶性がある。インキの語源はラテン語のエンカウスツームencaustumで、これは「焼板に焼き付ける」という意味である。[野沢松男]

歴史

人間がインキを用いて文字を記したのは、紀元前4000年代の終わりごろからといわれ、当時エジプトでは、樹脂や膠(にかわ)に木炭や煤煙(ばいえん)を混ぜてつくったインキを用いていた。エジプト人が用いたインキの主成分はカーボン(炭素)で、動物の骨や角(つの)などをいぶし焼きにしたり、脂(やに)の多い松の木などを燃やしたものをスラブslabという硯(すずり)に滴下し、さらに膠や油を混ぜて、ミュラーmullerというならし石で擦り合わせてインキにした。また中国では筆状の竹に漆を含ませて、文字を書いていた。中国の墨は田真(でんしん)が発明したというが、さだかではない。漆や松脂をいぶし焼きにして炭素をとり、それに膠を加えて固めた現在の墨と同様のものである。古代ローマ人は、セピアsepiaというイカの分泌する黒色色素を用いていた。そのほか銀朱(硫化水銀)を使った赤インキ、ラブリカrubricaという赤土でつくったインキ、ミュレックスmurexというホラガイを陰干しにし、それをつぶしてつくった紫インキ、緑青と酢でつくった緑色インキなどがあった。
 前2世紀ごろ、ギリシアの機械技師フィーロが、五倍子(ごばいし)(附子(ぶし))の液で文字を書き、乾いたあとに鉄分を含む薬液で表面を潤すと、文字が黒色に変化するのを発見した。これが中世ヨーロッパで広く使われた五倍子鉄インキのはしりで、後のブルーブラック・インキと原理が変わらない。五倍子は、ヌルデという植物にアブラムシの一種が寄生してできるこぶ状のもので、タンニン酸を多く含んでいる。18世紀以後は、化学の進歩と発展により色や質が改良され、現在に至っている。[野沢松男]

種類

現在のインキを大別すると、筆記用インキ、記号用インキ、印刷用インキの3種となる。筆記用インキには水溶性と油溶性があり、水溶性インキは万年筆やサインペンなどに用いられている。紙に書くのが目的で、色鮮やかだが水に対して弱い。一方油溶性インキは、ボールペン、フェルトペンなどに用いられ、耐水性に優れている。ことにフェルトペン用の油溶性インキは、紙以外の不浸透面にも書くことができる。
 また筆記用インキは、用いる色素により、染料インキと顔料インキ、さらにその中間の混合型インキとに分けられる。染料インキは染料を水に溶かしたもので、色が豊富で鮮明、沈殿をおこさないなどの特徴があるが、水に弱く耐久性に欠ける。顔料インキは、水に溶けない色素(カーボンなど)の微粒子を水に分散させたインキで、墨汁や証券用インキ、製図用インキがそれである。万年筆には適さず、筆や鋼ペン、烏(からす)口(製図用具)などに用いる。混合型インキは、染料と有機レーキ、顔料を組み合わせたもので、ブルーブラック・インキ、タンニン酸染料インキ、万年筆用黒インキなどが該当する。ブルーブラック・インキは、インキに含まれているタンニン酸第一鉄が空気中の酸素に触れて酸化し、タンニン酸第二鉄に変化して黒色となる原理を応用したものである。タンニン酸第一鉄は、第二鉄に変化しないと無色透明なので、ブルーブラック・インキはその溶液の中に青色染料を入れてある。書いた当初は青色であるが、タンニン酸第一鉄が第二鉄に変わることにより耐水性、耐光性が強められる。万年筆用黒インキ(リアルブラック)は、カーボンブラックと黒色染料を併用して万年筆用にしたものである。
 計器やスタンプ類に用いられる記号用インキは、染料インキおよび顔料インキに、グリセリンやグリコールなどの吸湿物を加えてつくる。それによって一般の筆記用インキより粘度を強くし、ゴム印の印面にむらなく付着して紙に捺印(なついん)できるようにしてある。なお、筆記用および記号用インキは、水に溶けない顔料よりも良質の染料ができるのにしたがって、インキ性能が十分に生かせる染料インキの割合が増加してきている。[野沢松男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

インキ(〈オランダ〉inkt)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

インキ
〘名〙 ⇒インク

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インキ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

インキの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation