@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

インク

デジタル大辞泉

インク(ink)
筆記や印刷などに用いる有色液体ペン万年筆用のブルーブラックインクは硫酸鉄(Ⅱ)・タンニン酸没食子酸などの混合液明治から第二次大戦前までは「インキ」と書かれるほうが多かった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いんく【インク】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

インク
〘名〙 (ink)⸨インキ⸩ (明治期は「インキ」が優勢、のち「インク」が普通になった) 筆記や印刷などに用いられる有色の液体。ふつう単独で用いる場合は①をさす。
① ペン、万年筆を用いて筆記するための液体。赤、緑、黒、青、藍青などがあるが、最も広く用いられる藍青色(ブルーブラック)はタンニン酸に硫酸第一鉄を加えたもの。
※東京日日新聞‐明治七年(1874)七月二日「但ペン、インキ等相用候節は、別途買上相渡可申事」
② 印刷インク。
※黒い御飯(1923)〈永井龍男〉「印刷所特有の、鉛や、紙や、インキの湿った臭ひ」
③ ボールペン、フェルトペン、その他各種の筆記用具で筆記するための有色の液体。
[語誌]インキとインクの二つの語形については、インキ(ト)の原語をオランダ語の inkt と考え、江戸中期に渡来して一旦定着した後に、英語を原語とするインクが広まったと考える説と、オランダ語の影響は実際には大きくなく、同じく英語を語源としながら最初はインキが、そして続いて音転形のインクが、ともに定着したと考える二つの説がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

インク
いんく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

インクの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation