@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

インダス川【インダスがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

インダス川
インダスがわ
Indus River
ヒマラヤ山脈中央部,標高約 5500mのカイラシュ山地北斜面に発し,インド北西部からパキスタンを通ってアラビア海に注ぐ全長 2900km,流域面積約 116万km2。水源は大部分が標高 4000m以上で大氷河が多く,サトレジ川,ラビ川チェナブ川ジェルム川などの諸河川が合流するが,下流部は乾燥地帯で支流も少ない。インダス川流域は,前3000~前1500年頃のインダス文明の発祥地で,ラビ川流域には有名なハラッパー遺跡がある。灌漑用の運河が全流域に網の目のように張られており,カラバーダム,ラスールダムのような発電用ダムも多く,船舶航行にも大いに利用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

インダス‐がわ〔‐がは〕【インダス川】
パキスタン東部を流れる川。ヒマラヤ山脈北西部にを発し、パンジャブ地方、タール砂漠を経てアラビア海に注ぐ。長さ3180キロ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

インダス川
いんだすがわ
Indus
ガンジス川、ブラマプトラ川と並ぶインド亜大陸の三大河川の一つで、主としてパキスタン領を流れる。延長約2900キロメートル、アラビア海に注ぐ。総流域面積96万平方キロメートル。水源はチベット高原南西のカイラス山脈にあり、ヒマラヤ山脈とカラコルム山脈に挟まれた渓谷を約1100キロメートル北西に流れるが、ギルギット付近で急に南西に転向してヒマラヤ山脈を横断する。途中に満々と水をたたえるタベラ・ダム、アフガニスタンから流れるカブール川の合流点がある。カラバク付近でパンジャーブ平原に出ると川幅を増し、幅20キロメートル近くの所もある。灌漑(かんがい)水を引くための堰堤(えんてい)がいくつもあり道路橋を兼ねる。橋のない中州(なかす)の村の人々は、ヒツジの皮を膨らませた浮き袋を使って、増水した川を渡る。ミタンコットで、ジェラム、チェナブ、ラービ、ビアス、サトレジの五つの川をあわせたパンジナッドPanjnad川と合流して一段と水量を増す。
 インダス川下流はアーリア人によってシンドゥーSindhu(大洋の意)とよばれ、これが今日のパキスタンのシンド州、ヒンドゥー教、インドなどの語源となった。土砂の堆積(たいせき)が激しく、河床の上昇により河道がしばしば変遷するとともに、河口も紀元前3世紀ごろより約30キロメートルも前進した。
 インダス川は下流部のモヘンジョ・ダーロ、中流部のハラッパーの遺跡にみられるようにインダス文明の母体となり、その後もアーリア人の進入、アレクサンドロス大王の遠征、イスラム教徒による征服など、たびたび侵略や係争の舞台となった。1947年のインド・パキスタン分離によるカシミール帰属問題は、3回のインド・パキスタン戦争の引き金となり、いまも未解決のままである。
 分離の残したもう一つの係争は、インダス川の水利権をめぐる争いである。インダス川中・下流の平野は肥沃(ひよく)な沖積土からなるが、年降水量は250~750ミリメートルで、それも7~9月に集中する。インダス川の水もカラバクでの記録では、7月の毎秒1万1470トンに対して1月には763トンに減水する。そのため、19世紀中葉以降、河川水位の増減に関係なく取水できる近代的灌漑工事が施工され、パンジャーブ地方はインド亜大陸有数の農業地帯となった。印パ分離はこれら灌漑体系におかまいなく行われたので、両国間に水利紛争が起き、その解決は1960年のインダス水利条約まで持ち越された。パキスタンの水利権が同条約によりインダス川の年間総流出量2156億トンのうち1750億トンに減ったので、同国はタベラ・ダムの建設、連結水路の整備などインダス川の水の有効利用に努めている。[藤原健蔵]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

インダス‐がわ ‥がは【インダス川】
(インダスはIndus) ヒマラヤ山脈の西北部に源を発し、カシミール、パキスタンを縦断してアラビア海に注ぐ大河。流域はインダス文明の発祥地。長さ二九九〇キロメートル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

インダス川
インダスがわ
Indus
チベット西部の山中に源を発し,パキスタン中央部を貫流してアラビア海に注ぐ大河
流域は古代文明の発祥地で,モヘンジョ−ダロ・ハラッパー遺跡がある。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インダス川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

インダス川の関連情報

関連キーワード

マンガン団塊カラコルム[山脈]ヒマラヤ[山脈]ケープ海盆スワート地区チベットガゼル西ヨーロッパ海盆ヒバリチドリ北極海ナンダデビ国立公園

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation