@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

インテルサット

世界大百科事典 第2版

インテルサット【INTELSAT】
国際電気通信衛星機構International Telecommunications Satellite Organization略称。1973年に発効した〈国際電気通信衛星機構に関する協定〉によって設立された国際機関である。衛星を利用して電信,電話,テレビ伝送等の電気通信業務を広く国際的に提供するため,通信衛星システムの宇宙部分の企画,開発,設定,運用等の推進を主たる目的とし,締約国総会,署名当事者総会,理事会および事務局により構成されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

インテルサット【INTELSAT】
国際電気通信衛星機構。通信衛星の開発・打ち上げ・利用を目的に、1964年設立された組織。また、同組織の通信衛星名。2001年改組され、同名の私企業となる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インテルサット【INTELSAT】
International Telecommunications Satellite Organization

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

インテルサット
INTELSAT; International Telecommunications Satellite Organization
国際電気通信衛星機構。全世界に商業ベースで宇宙通信サービスを提供するため 1964年の暫定協定で誕生翌年最初の衛星を打上げたが,71年に政府間のインテルサット恒久協定と通信事業者 (出資者) 間の運用協定が成立し,翌年に正式に発足した。事務局は当初よりワシントン D.C.に所在国際電気通信連合の加盟国のみが加入できる。この機構は,締約国総会 (2年ごとに開催) を最高機関とし,運用協定の署名者総会 (年次開催) ,およびこれが任命する理事会をもつ。日本の当該署名者は国際電信電話株式会社である。 91年には神戸で第 21回署名者総会が開催された。 99年現在,143ヵ国と地域が加盟している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インテルサット
Intelsat
国際電気通信衛星機構 (インテルサット) が打上げている商業通信衛星。I号は 1965年4月大西洋の赤道上の静止軌道に乗った。出力 10W,電話 240回線,テレビ1回線の中継が可能。設計寿命 1.5年。 67年1月に II号Bが太平洋上に静止。出力 25W,電話 240回線,テレビ1回線,設計寿命 3.5~5年。 67年3月に II号Cが大西洋上で静止。同年9月に II号Dが太平洋上で静止。 II号系の打上げで,アメリカ-オーストラリア,日本-アメリカ,アメリカ-極東間の通信が可能になった。 II号系を改良した 68年 12月の III号Bは大西洋上に静止。出力 100W,電話 1200回線,テレビ4回線で,設計寿命は 10年と II号系の2倍の能力をもち,69年2月の III号Cはインド洋上に,70年1月の III号Fは大西洋上の静止軌道にそれぞれ乗った。 71年1月に打上げられた IV号Aは出力 3000W,電話約 9000回線,カラーテレビ 12回線と,III号系のほぼ7倍に能力が飛躍し,70年代の国際通信をになっていた。 80年代も国際通信衛星分野を独占していたが,90年代に入って通信の自由化により,「アジアサット」や「アラブサット」などの新規参入が始っている。インテルサットは IX号系を次期主力衛星としている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

インテルサット
いんてるさっと
Intelsat, Ltd.
全世界をカバーする通信衛星システムを使用した衛星通信サービスを提供する民間の通信事業者。また、このサービスに用いられる衛星通信システム、および衛星通信回線を提供する静止衛星のことをもさす。前身は非営利の国際機関INTELSAT(インテルサット)(International Telecommunications Satellite Organization=旧、国際電気通信衛星機構)であるが、2001年7月に事業部門が分離され、民間会社として再編成された。
 前身のINTELSATは、全世界をカバーする通信衛星システムの完成を目標として、アメリカが世界各国に協力を呼びかけ、1964年に、アメリカ、日本、オーストラリア、ヨーロッパ諸国など11か国が参加し、暫定的制度として国際協力体制を発足させた。1965年にはアーリーバード(1型衛星)による通信衛星の商用実験に成功し、2型衛星を経て(1966~1967年)、1968年には3型衛星の打上げに入り、グローバル衛星システムを完成した。1971年から4型衛星が打ち上げられ、1973年には48か国がインテルサット衛星を利用するようになった。INTELSATの恒久化については、数回にわたる準備委員会、全体会議ののち、1973年に「国際電気通信衛星機構(INTELSAT)に関する協定」が発効し恒久的な組織となった。
 その後、民間企業による通信衛星システムの運用や急速な技術革新、競争激化など、商業衛星通信サービスを取り巻く環境が変化したことを考慮し、1998年11月に映像を中心としたサービスを提供する子会社ニュー・スカイズ・サテライツ社が設立され、現用衛星5機と建造中衛星1機を含む資産を子会社に移管。INTELSAT本体は音声・データ通信などの基本サービスを取り扱うことになった。さらに2000年11月には事業部門を民間会社に移管することが決定され、2001年7月、民間会社としてのインテルサットIntelsat, Ltd.が発足、軌道位置を含む通信衛星システムや「インテルサット」のブランドが事業会社に移管された。また、2006年、北米や中南米で直接放送衛星(DTH)サービスや企業向け通信サービス等を提供する民間の衛星通信事業者パンナムサット社PanAmSat Holding Corporationを買収し、50機以上の通信衛星を保有、運用する世界最大の衛星通信事業者となった。[高橋陽一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インテルサット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

インテルサットの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation