@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イントレランス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イントレランス
Intolerance
アメリカ映画。デビッド・ウォーク・グリフィス・プロ 1916年作品。監督,脚本 D.W.グリフィス。主演リリアン・ギッシュほか。題名どおり非寛容を人道主義的な立場から批判するのがテーマ。4つのエピソードから成り,古代バビロンの崩壊キリスト受難サン=バルテルミの虐殺,現代労働者への社会的圧迫を扱っているが,これらエピソードは大胆なカットバックにより,1つの物語に構成され,時間,空間の枠を越え自由に平行して展開する。さらに大写しや遠景,移動撮影などの撮影技術,巨大なセットや群集を用い,国際的に映画芸術の誕生として画期的な評価を得,日本をはじめ各国の映画芸術の展開に大きな刺激を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

イントレランス(intolerance)
耐えられないこと。許せないこと。
宗教上の、不寛容。
[補説]作品名別項。→イントレランス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イントレランス(Intolerance)
米国の映画。1916年作。モノクロサイレント作品。脚本・監督はグリフィス。四つの時代と地域を舞台とする別々の物語を、人間の不寛容性という共通主題で結びつけ同時並行的に描く。カットバッククローズアップ、移動撮影など、さまざまな新しい表現手法を用いて、以後の映画に多大な影響を与えた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

イントレランス
1916年製作のアメリカ映画原題《Intolerance》。古代バビロンの滅亡、キリストの磔刑、聖バーソロミューの虐殺、現代のアメリカ、と四つの時代の物語を同時進行で描いた超大作。監督:D・W・グリフィス、出演:リリアン・ギッシュほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

イントレランス【Intolerance】
アメリカ映画。1916年製作。第1次世界大戦によって打撃を受けたヨーロッパ映画にかわって,世界の映画市場を一手に握ったハリウッドを象徴する超大作(13巻。フィルムの長さにして5200m,サイレントスピードによる上映で4時間半以上)。〈アメリカ映画の父〉D.W.グリフィスがここで用いた数多くの〈映画的〉技法は各国の映画に影響を与え,とくに革命後のソ連の若い映画作家たち(エイゼンシテイン,プドフキンクレショフ)にとっては〈モンタージュ理論〉の形成を促すきっかけとなった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

イントレランス
いんとれらんす
Intolerance

アメリカ映画。1916年作品。監督デビッド・ウォーク・グリフィス。人類の不寛容(イントレランス)の歴史を主題として、古代バビロンの崩壊、キリストの受難、中世パリのサン・バルテルミーの虐殺、現代の失業者の受苦、の四つの時代の物語を描く。この作品の特色は映画表現の独創性にあり、それはまず物語の構成法に発揮されている。四つの物語は時代に関係なく、同時に進行する。そして四つの小川が1本の大河となり、海に注ぎ込むように、それぞれの物語は錯綜(さくそう)し、ついに人類のドラマという大きな流れに統合される。この錯綜と統合を実現する編集技術、とくに急速なカット・バックはみごとで、極度のクローズ・アップやロング・ショット、クレーンを使った俯瞰(ふかん)撮影、あるいは長距離の移動撮影などの撮影技術とともに、映画独自の表現技術を集大成化したもので、ソビエト映画や日本映画をはじめ全世界に影響を及ぼした。

[山本喜久男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

イントレランス
〘名〙 (intolerance) 不寛容。偏狭。異説や異民族、特に他の宗教に寛容でないこと。〔社交用語の字引(1925)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イントレランス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イントレランスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation