@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

インドへの道【インドへのみち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

インドへの道
インドへのみち
A Passage to India
イギリスの作家 E. M.フォースターの小説。 1924年刊。イギリス植民地インドでは,支配階級としてのイギリス官吏をめぐる白人社会と,現地民との間にほとんど相互理解がなく,まして友情もない。ムア夫人はイギリス本土から,息子の嫁にと思う娘アデラを連れてインドに来る。彼女は偏見なくインド人の心のなかに入っていこうとし,インド人青年医師アジズとの間に友情が生れかけるが,彼がアデラを案内してマラバル洞窟に行ったとき,アデラは異様な雰囲気のため妄想にとらわれ,彼に乱暴されかけたと思い込む。その裁判をきっかけにして,再びインドにおける2つの世界の対立が戻ってくる。東洋の考え方や感情と西洋のそれとの出会い,対立の問題,イギリス人の偏狭さと無理解など,いろいろな主題が物語を通して提出されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

インドへのみち【インドへの道】
原題A Passage to Indiaフォースター長編小説。1924年刊。自身のインドでの滞在経験をもとに、植民地における支配民族と被支配民族の交流、文明衝突を描く。1984年、デイビッド=リーン監督により映画化。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

インドへの道
1984年製作のイギリス・アメリカ合作映画。原題《A Passage to India》。E・M・フォースターの同名小説の映画化。監督:デビッド・リーン、出演:ジュディ・デイビス、ペギーアシュクロフト、アレック・ギネスほか。第57回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同助演女優賞(ペギー・アシュクロフト)、作曲賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

インドへのみち【インドへの道 A Passage to India】
イギリスの作家E.M.フォースターの小説。1924年刊。インドの知的な医師アジズは,マラバールの洞窟でのイギリス婦人暴行未遂で起訴されるが,彼女が妄想であることを認め一件は落着。彼を擁護する教師フィールディング,自国人に批判的なモア夫人などのイギリス人を登場させ,相互理解への努力を肯定しながら,それにもかかわらず存在するインド人とイギリス人の民族的違和感,その奥に横たわる東洋と西洋の精神的対立を描いた傑作

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

インドへの道
いんどへのみち
A Passage to India

イギリスの作家E・M・フォースターの長編小説。1924年刊。大英帝国治下のインドの一都市チャンドラポアで判事をしている若いイギリス人ロニーを、その母ムーア夫人と、ロニーの婚約者のアデラ・クウェステッドが訪ねてくる。人種的偏見を抱かず公正にインドを理解しようとする2人に感激したインド人の青年医師アジズは彼らを洞窟(どうくつ)見物に案内するが、ロニーとの結婚に疑問をもっていたアデラは、洞窟の神秘的な反響音に錯乱し、アジズに犯されかけたと思い込んで彼を告訴する。医師と町民は無実を、イギリス人は有罪を主張し、町は両者の対立で緊張する。西欧の秩序と混沌(こんとん)の東洋という異文化間の相克(そうこく)を背景に、人間の愛、知性と感情、政治と道徳などの本質と限界を追及する傑作。

[小野寺健]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インドへの道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

インドへの道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation