@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

インド大反乱【インドだいはんらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

インド大反乱
インドだいはんらん
Indian Mutiny
1857~58年,イギリス東インド会社支配下のインドで,インド人兵士による反英蜂起に市民や農民らが加わり,北インド,中央インド全域に拡大した反乱。「セポイの反乱」とも呼ばれた。セポイ sepoyはペルシア語源の兵士を意味するシパーヒー sipāhīの英語綴りをローマ字読みしたもので,東インド会社のインド人傭兵をさす。19世紀中頃,イギリスのとった強引なインド藩王国併合策はインドの支配者層をはじめ各階層の不満を高めていた。このような状況のもと,イギリス人がヒンドゥー教イスラム教の教えを無視し,銃の弾薬包に弾丸や火薬を詰める際の潤滑剤としてウシとブタの脂を使っているという噂が広がり,これが兵士による反乱の口火となった。1857年5月10日メーラトのセポイが武装蜂起し,翌日にはデリーのセポイと市民に迎えられデリーを占領,ムガル皇帝を擁立しムガル帝国統治復活を宣言した。以後,反乱は各地に波及し,市民,農民なども加わって大衆暴動に発展,数ヵ月後にはインド全土の 3分の2に広がった。特にアワド王国とその周辺で激しく,ラクノーラクナウ),カーンプルは激戦地となった。イギリスは多数の援軍を送り,1857年9月にはデリーを回復,ムガル皇帝は捕えられ,翌 1858年に廃位となった。イギリスはさらに,ネパール王にグルカー兵(→グルカー族)の出動を承諾させ,1858年3月にアワド王国のラクノーを占領,続いて各地を鎮定し,1858年7月8日反乱鎮圧の声明を出した。インド大反乱当時の情勢は,イギリスの植民地支配に対する不満が連鎖的に爆発したもので,民族的統一の主体もなく,反乱を指導すべき政策や組織もなかったが,インド史上最初の団結をもった反英闘争であり,最初の独立戦争とも呼ばれる点で歴史的意義は大きい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

インド‐だいはんらん【インド大反乱】
1857年、インドで起きた英国東インド会社の傭兵(セポイsepoy)の反乱。農民も合流し、ムガル帝国の皇帝が指導者として擁立されたが、翌年にはほぼ鎮圧された。英政府はムガル帝国を廃絶させ、東インド会社を解散。インド帝国を樹立して直接支配に切り替えた。セポイの反乱。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

インドだいはんらん【インド大反乱】
インド亜大陸においてイギリス支配に反抗して1857‐59年におこった反乱。この反乱を最初に引き起こしたのがイギリス東インド会社の傭兵(シパーヒー)であったため,シパーヒーの反乱,また日本ではセポイの反乱と呼ばれてきた。しかし20世紀初めのインド民族運動の中からこの反乱がシパーヒーのみに担われたものでなく,全民族的な抵抗の第一歩であるとする見方が生まれ,現在のインド,パキスタンの歴史の見方にほぼ継承されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

インド大反乱
インドだいはんらん
Revolt of Sepoy
1857年5月に起こったインド最初の民族的反英反乱
弾薬筒に宗教上のタブーである牛・豚の脂を使用するといううわさからイギリス東インド会社のインド人傭兵のシパーヒー(セポイ)らによる武装反乱が起こった。彼らはデリーを占領し,数か月後には北インド全域に拡大,農民・封建土侯も合流して大乱に拡大した。しかし,人望のないムガル皇帝バハードゥル=シャー2世を擁立したために反乱軍の内部分裂が起こり,本国から派遣されたイギリス軍によって1859年7月に鎮圧された。その結果,ムガル帝国は滅亡し,インドの統治は東インド会社による間接統治からイギリス政府の直接支配に移された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インド大反乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

インド大反乱の関連情報

関連キーワード

インドの大反乱ケクレ歌沢大和大掾シュラーギントワイト[兄弟]ビゼーミレーワーグナーガーディナーシュネーダー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation