@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

インノケンチウス3世【インノケンチウスさんせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

インノケンチウス3世
インノケンチウスさんせい
Innocentius III
[生]1160/1161. ガビニャーノ
[没]1216.7.16. ペルジャ
イタリアのガビニャーノ出身の第176代教皇在位 1198~1216)。本名 Lotario di Segni。中世で最も傑出した教皇の一人であり,その治世において教皇権は絶頂に達した。パリで神学,ボローニャで教会法と市民法を学び,1190年頃教皇クレメンス3世により枢機卿(→カーディナル)に叙任され,1198年1月に 37歳の若さで教皇に選出された。教皇権の伸長と教皇領の失地回復に努め,全ヨーロッパの国政に干渉。神聖ローマ帝国の帝位争いではオットー4世を助けて 1209年に戴冠させたが,のちにオットー4世がイタリア領を要求したため破門,1215年にフリードリヒ2世を皇帝としシチリア領を与えた。イギリス王ジョンをはじめアラゴン,ブルガリア,ポルトガルの王に,その領土を教皇からの封土とさせた。フランス王フィリップ2世の離婚にも介入し,2人目の王妃インゲボルクと復縁させる。また第4回十字軍を派遣し,1204年コンスタンチノープルを奪回してラテン帝国を樹立した。1215年には第4回ラテラノ公会議を招集,ワルド派(→ワルド)とアルビ派を排斥し,フランシスコ修道会ドミニコ会の創立を承認,旧修道会を改革し,教理や規律でも重要な決定をくだした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インノケンチウス3世
インノケンチウスさんせい
Innocentius III
[生]?. セッツェ
[没]?. ラ・カバ
教皇アレクサンデル3世(在位 1159~81)の対立教皇(在位 1179~80)。本名 Lando Di Sezze。アレクサンデル3世に対して擁立された 4人の対立教皇のうち,最後の一人。ドイツ系の出自で,1179年9月に教皇に選出されたときは枢機卿(→カーディナル)であった。1180年1月にアレクサンデル3世によって南イタリアのラ・カバにある修道院へ追放され,そこで死去した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インノケンチウス3世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

インノケンチウス3世の関連情報

関連キーワード

永暦長寛世宗応保世宗(金)永暦平時子藤原公通藤原光頼宋の時代(年表)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation