@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

インノケンチウス4世【インノケンチウスよんせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

インノケンチウス4世
インノケンチウスよんせい
Innocentius IV
[生]12世紀. ジェノバ
[没]1254.12.7. ナポリ
ジェノバ出身の第180代教皇在位 1243~54)。本名 Sinibaldo Fieschi。ボローニャ教会法を学び,教皇グレゴリウス9世により 1227年に司祭枢機卿(→カーディナル)に叙任される。ケレスチヌス4世没後,1年半の空位ののち 1243年6月に教皇に選出された。インノケンチウス3世の方針を受け継ぎ,教会の自由と教皇権伸長のため神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世と激しく闘った。皇帝の勢力にローマを追われリヨンに逃れたが,1245年に開いたリヨン公会議でフリードリヒ2世の破門と廃位を決議。1250年に皇帝が死去したのをうけ,1253年ローマに帰還した。その後もホーエンシュタウフェン朝に対する闘いを続け一時勢力を得たが,1254年にフリードリヒ2世の庶子マンフレート反乱に敗れ,まもなく死去した。ヨーロッパの外にも目を向け,モンゴル帝国へジョバンニ・デ・ピアノ・カルピニを公式使節として送るなど,各地に布教団を派遣したことでも知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インノケンチウス4世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

インノケンチウス4世の関連情報

関連キーワード

インノケンティウス大空位時代シュタウフェン朝一門衣被曲事神光着・著

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation