@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

インノケンティウス

デジタル大辞泉

インノケンティウス(Innocentius)
ローマ教皇の名。イノセントインノセント
(3世)[1160~1216]第176代教皇。在位1198~1216。第四次十字軍は失敗したが、「キリストの代理者」と自称し、ドイツ皇帝・イギリス王・フランス王その他の君主や諸国家を抑えて、教皇庁の強化と教権の拡張を計り、中世教皇権最盛期を実現した。
(4世)[?~1254]第180代教皇。在位1243~1254。教皇権の拡大に努め、フリードリヒ2世以下、歴代の神聖ローマ皇帝と争った。
(6世)[?~1362]第199代教皇。在位1352~1362。アビニョン教皇宮廷を改革、教皇権益の回復を図った。
(10世)[1574~1655]第236代教皇。在位1644~1655。ジャンセニズムを排斥した。
(11世)[1611~1689]第240代教皇。在位1676~1689。教皇庁・修道院の改革に努め、ガリカニズムに反対し、フランス王ルイ14世による教権制限に反対して争った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

インノケンティウス【Innocentius】
(三世)1160~1216 ローマ教皇(在位1198~1216)。オットー四世(ドイツ)・フィリップ二世(フランス)・ジョン(イギリス)らを屈従させ、ヨーロッパのほぼ全域の主権を握り教皇政治の最盛期を現出せしめた。教会法規を改革、第四次十字軍を推進。インノセント。イノセント。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

インノケンティウス
(Innocentius) ローマ教皇名の一つ。英語名イノセント(Innocent)。
[一] (三世) 第一七七代ローマ教皇(在位一一九八‐一二一六)。フランス王フィリップ二世、イングランド王ジョンと争い、教皇領の失地回復につとめ、教皇権の絶頂期をきずく。第四次十字軍の推進者。(一一六〇‐一二一六
[二] (六世) 第二〇〇代ローマ教皇(在位一三五二‐六二)。アビニヨン教皇宮廷を改革し、教皇権益を回復させた。一三六二年没。
[三] (一〇世) 第二三九代ローマ教皇(在位一六四四‐五五)。大勅書を発してヤンセン主義を断罪する。その治世に教会は沈滞をきわめた。(一五七四‐一六五五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インノケンティウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

インノケンティウスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation