@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

インバーカーギル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

インバーカーギル
Invercargill
ニュージーランド,サウス島南端の都市。フォボー海峡にのぞむサウスランド平野に立地。サウスランド地方の中心地。周辺は重要な農業地域で,小麦羊毛,肉,乳製品などの集散地として発達工業は食品,煉瓦製材業が盛ん。市街地の南方 27kmにあるブラフがその外港。南部にある空港は国内幹線航空路の終点地名はこの地方の初代長官カーギルにちなむ。人口5万 5500 (1990推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

インバーカーギル(Invercargill)
ニュージーランド南島南部の都市。南郊にフォーボー海峡に面する外港ブラフがある。19世紀半ば、スコットランド移民により建設。ネオロマネスク様式のファースト教会、れんが造りの給水塔などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

インバーカーギル
いんばーかーぎる
Invercargill

ニュージーランド南島南部、フォーボー海峡に面した港湾都市。人口4万9830(2001)。南郊に外港ブラフBluffをもち、陸海空の交通の要衝で鉄道の拠点でもある。付近の主産業は牧羊、酪農で、湾内ではカキの養殖がみられ、乳製品、食肉加工、羊毛、ビールなどの工場がある。1853年に開拓が始まった。市名はオタゴ地方の長官W・カーギルにちなみ、「カーギルの入り江」の意。

[浅黄谷剛寛]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インバーカーギル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

インバーカーギルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation