@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

インパクトファクター

デジタル大辞泉

インパクト‐ファクター(impact factor)
学術雑誌の重要性または影響度を定量化した指標の一つ。主に自然科学、社会科学分野の学術雑誌について、掲載論文の年間の被引用回数から求められる。IF
[補説]ある年のインパクトファクターIは、前年の掲載論文数をA、前々年の掲載論文数をB、前年と前々年の掲載論文のうち当該年における引用回数をCとすると、I=C/(A+B)で表される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

インパクトファクター
引用頻度を用いて,文献群の重要度や影響力を測定するための尺度の一つ.引用影響度,影響力係数ともいう.文献群としては,1雑誌の掲載論文,1著者の執筆論文などが用いられる.1972年にガーフィールド(Eugene Garfield 1925-  )は,雑誌の影響力を計測するために,その雑誌が引用された回数の合計をその雑誌の掲載論文数で割った値,すなわち「雑誌別の1論文あたりの平均引用回数」を利用し,この係数を引用影響度と名付けた.これはjournal impact factorで,同じ計算手法を著者別に適用するとauthor impact factorとなる.引用された回数の単純な合計で影響力を評価すると掲載論文数の多い雑誌ほど値が大きくなるので,これを補正した係数となっている.近年,雑誌ではなく研究者を評価する指標として,2005年にヒルシュ(Jorge Hirsch 1953-  )が提案した「被引用回数がh回以上である論文がh以上あること」を示すh指数も注目を集めている.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インパクトファクター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

インパクトファクターの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation