@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

インフォーマルコミュニケーション

大辞林 第三版

インフォーマルコミュニケーション【informal communication】
組織や集団内で行われる、非公式かつ偶発的なコミュニケーションのこと。職場における雑談など。 → フォーマルコミュニケーション

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

インフォーマルコミュニケーション
学術雑誌に掲載されて以降を指すフォーマルコミュニケーションに対する語で,それ以前の段階で発生する情報流通.研究者同士の個人的な情報流通(対面,電話,電子メールなど)が最も典型的で,あくまでも私的な関係に依存したコミュニケーションである.確実ではないが非常に早い段階で情報が流れるのが特徴で,研究を進める際に研究者が重要な情報源とするといわれている.広義には,個人同士の口頭のコミュニケーションだけでなく,プレプリント,学会発表予稿なども含まれる.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インフォーマルコミュニケーション」の用語解説はコトバンクが提供しています。

インフォーマルコミュニケーションの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation