@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イートン・カレッジ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イートン・カレッジ
Eton College
イギリスウィンザー・メードンヘッドイートンにあるイギリス最大のパブリック・スクール。1440~41年ヘンリー6世によってケンブリッジ大学のキングズ・カレッジとともに設立された。ほかのパブリック・スクールと異なりプリーフェクト制をとらずチュートリアル制(→チューター)をとっている。オックスフォード大学やケンブリッジ大学,陸海軍士官学校への進学者がほとんどで,各界の指導者を多数出している。ハロー・スクールとのクリケット対抗戦は,いまなお人気のとなっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

イートン・カレッジ
いーとんかれっじ
Eton College
イギリス、イングランド南東部、バークシャー(1974年まではバッキンガムシャー)の小さな町、イートンにある寄宿制の私立中等学校。ウィンチェスター校、ラグビー校、ハロー校などとともにイングランドを代表する名門パブリック・スクールの一つである。テムズ川を挟んで南側にはウィンザー城がある。最古の伝統を誇り、1440年にヘンリー6世によって、キリストを礼拝し教会と王国に奉仕する若者の教育を目的に、ケンブリッジ大学キングズ・カレッジの姉妹校として創設された。当初の生徒数は70人と定められ、彼らは国王奨学生とよばれた。のちに私費学生も受け入れるようになり、しだいに裕福な中産階級出身者が多くを占めるようになった。彼らはとくにオピダンoppidan(校外下宿学生)とよばれ、2000年現在1210人を数えるに至った。
 イートン・カレッジの入学者の多くは、プレパラトリー・スクールとよばれる、公教育制度の枠外にある寄宿制の進学予備校から供給される。12、13歳でカレッジに入学し、6年一貫制の教育が行われる。ギリシア語・ラテン語の古典教育と団体スポーツ競技を中心としたジェントルマン教育がその最大の特色である。コンピュータ教育をはじめ、科学分野の教育にも力を入れている。「オックスブリッジOxbridge」(オックスフォード大学・ケンブリッジ大学の両校)に進学する者も多い。
 学生が着用するシルクハットに燕尾服(えんびふく)の制服はよく知られる。また、将軍ウェリントンの「ワーテルローの勝利はイートンの運動場で勝ち取られた」という名文句も有名である。伝統的に政界・官界に進出する者が多く、著名出身者にはピット父子、グレー、シェリー、カニング、ハラム、グラッドストーン、ローズベリーなど枚挙に暇(いとま)がない。[安原義仁]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イートン・カレッジ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イートン・カレッジの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation