@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イートン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イートン
Eaton, Margaret O'Neale
[生]1799.12.3. ワシントンD.C.
[没]1879.11.8. ワシントンD.C.
アメリカ大統領 A.ジャクソンのもとで陸軍長官をつとめたジョン・イートンの妻。前夫死後すぐにイートンと再婚したことを非難され,夫イートンも辞職を強要された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イートン
Eton
イギリスイングランド南部,ウィンザー・メードンヘッド中部の町。ロンドンの西約 40km,テムズ川北岸にあり,川を挟んでウィンザーと相対する。イギリス最大のパブリック・スクールであるイートン・カレッジがあることで知られる。人口 4980(2001)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イートン
Eaton Corp.
アメリカの自動車,商工業,防衛関連業界向けの制御製品を中心としたメーカー。 1911年トーベンセン・ギヤ・アンド・アクシルが創業,16年トーベンセン・アクシルと改称し株式会社として設立。以後数度の社名変更を経て,71年に現社名となる。トラック用トランスミッション,車軸,エンジン部品などの車両部品と,電気機器,電子制御システムなどを製造する。 97年には防衛関連部門を売却,イオン注入技術を用いた半導体ウエハー製造装置部門に主力を移しつつある。年間売上高 75億 6300万ドル,総資産 54億 6500万ドル,従業員数5万 4000名 (1997) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

イートン(Eton)
英国バークシャー州の都市。ロンドン西方のテムズ川北岸にある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

イートン Eaton, William
?-? イギリスの商人。
慶長18年(1613)東インド会社の貿易船隊司令官セーリスにしたがって来日。肥前平戸(長崎県)に開設されたイギリス商館の館員となり,大坂に駐在して貿易にたずさわる。オランダ商館との対立がふかまり,経営不振となったため,元和(げんな)9年商館が閉鎖され,館長コックスとともに日本をはなれた。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

イートン【Eton】
ロンドン市の西郊、テムズ川北岸にある町。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

イートン
(Eton) ロンドンの西方にある小都市。一五世紀創立のパブリックスクールの名門校イートン‐カレッジがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イートン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イートンの関連情報

関連キーワード

ブラウンブラウンブラウン(Charles Brockden Brown)序曲フランス革命ヘルダーリンワレンシュタイン紀上太郎常磐津文字太夫(2代)西宮新六

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation