@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウァロ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウァロ
Varro, Marcus Terentius
[生]前116. サビーニー,レアーテ
[没]前27
ローマの百科全書的著述家。キケロの友人。アスカロンのアンチオコスの弟子。 600巻に及ぶ著作をなす。詩人としては,キュニコス派のガダラのメニッポスに捧げたメニッポス風サトゥラを書いたが,学者としての影響が大きく,現存するのは『ラテン語論』 De lingua latina (前 45頃) ,『農業論』 Rerum rusticarumだけだが,その他あらゆる分野に考察を加えた。哲学的な主題は,人間にとって最高善は何かということであったが,彼の意義はむしろ素材の提供にあるといってよく,多くの著述家が彼に資料を求め,特にアウグスチヌスはローマの宗教に関する多くの事実を彼から借用している。ウェルギリウスも『農耕詩』を書くにあたり,『農業論』の恩恵を受けている。初めポンペイウス派であったが,カエサルの命によりローマで最初の公共図書館設立のにあたった。カエサルの死後アントニウスによって追放されたが,のちに許された。宗教上の問題に関しては,アウグスツスの顧問格。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ウァロ【Marcus Terentius Varro】
前116‐前27
該博な知識を誇った古代ローマの代表的教養人。彼の学識の深さはキケロ,セネカ,クインティリアヌス,アウグスティヌスらが異口同音にたたえている。ローマで教育を受けたのちアテナイで哲学を学んだが,政治家としても財務官,護民官,法務官を歴任し,ポンペイウスとはとくに親交が厚かった。彼の執筆活動は歴史,言語,文芸,哲学,法律,弁論,地理,農業,建築,医学等多岐にわたり,55の著作名が知られているが,実際の著作数はそれをはるかに上回ると伝えられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ウァロ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウァロの関連情報

関連キーワード

プトレマイオス8世エウエルゲテス2世リバモリウム全国銀行石川県の要覧超重元素超アクチノイド元素リバモリウム議会休会中任命統合戦略軍国連難民高等弁務官事務所

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation