@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウィドマンシュテッテン模様【ウィドマンシュテッテンもよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウィドマンシュテッテン模様
ウィドマンシュテッテンもよう
Widmanstätten pattern
固相反応,特に離溶現象に伴って生じる定方向性結晶組織の一つ。ある鉱物の結晶面に沿って,葉片状,板状などを呈して他鉱物が配列したときの模様で,磁鉄鉱の {111} 面上に沿って相互に 60度に交わるチタン鉄鉱の格子配列はよく知られている。鉄隕石にもよく見られる。これは鉄-ニッケル合金のγ相であるテーナイトが徐冷されるとき,その面心格子 {111} に平行にα相であるカマサイトを析出するため現れる。いくつかの人工合金にもこの模様が見られる。これを発見者の名によりウィドマンシュテッテンの組織という。発見者 A.J.ウィドマンシュテッテン (1754~1849) はウィーンの科学者で,鉄隕石の研究でこれを見出した (08) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィドマンシュテッテン模様」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウィドマンシュテッテン模様の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation