@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウィリアム(1世)【うぃりあむ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウィリアム(1世)
うぃりあむ
William
(1027/1028―1087)
ノルマンディー公(2世。在位1035~87)、イングランド王(征服王the Conqueror。在位1066~87)。ノルマンディー公ロベール1世Robert (?―1035。在位1027~35)の庶子。父の死後ノルマンディー公となったが、貴族らの反乱に苦しみ、1047年バル・エイ・デューンの戦いに苦戦、フランドルの協力を得て57年バラビーユの戦いでフランス王アンリ1世を撃破して、ノルマンディー公領の統轄に成功した。51年と64年には後継子のないエドワード懺悔(ざんげ)王からイングランド王位後継の約束を得ていたが、66年懺悔王の死後ハロルド2世が王位についたのに反対してイングランドに上陸、ノルマン騎兵軍をもってヘースティングズの戦いでハロルド2世を敗死させ、同年末ロンドン入城を果たして王位につき、ノルマン朝を開いた。
 その後、各地の反乱の鎮定に多忙であったが、カンタベリー大司教ランフランクの内助を得てイングランド教会の統一、ローマ教会との関係の修復にも成功した。彼は、ノルマン貴族を各地に封じて大陸的な軍事的封建制度を導入するとともに、1086年8月ソールズベリーで貴族らから忠誠誓約Oath of Salisburyをとったように集権的な統治を行い、全国的検地を施行してドゥームズデー・ブックという土地台帳を86年末に編纂(へんさん)させた。しかしその間、フランス王フィリップ1世の攻撃に苦しみ、国内でも義兄弟バイユー司教オドと対立し、さらに長男ロベールの再三の反乱にあうなど、その治世は多難であった。ノルマンディーにおいてフィリップ1世と交戦中、87年9月9日死去。[富沢霊岸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ウィリアム(1世)
William Ⅰ
1027ごろ〜87
ノルマン朝を創始したイギリス国王(在位1066〜87)。征服王(the Conqueror)とも呼ばれる
もと北フランスのノルマンディー公であったが,姻戚関係を理由にイングランド王ハロルド2世の即位に反対し,王位継承権を主張して1066年9月上陸。ヘースティングズの戦いでハロルドを死させて即位,1071年ごろまでに全イングランドを征服してノルマン朝を確立した。彼はフランスの封建制度を移入して,アングロ−サクソン人の社会ですでに形成されつつあった封建制度の完成をめざした。1085年から全国の検地を実施し,検地帳「ドゥームズデー−ブック」をつくって徴税を容易にした。また,1086年には全国の土地所有者をソールズベリに集めて忠誠を誓わせたり,司教任命権を確立させるなどして,大陸諸国と異質の,王権の強い封建制度を確立した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィリアム(1世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウィリアム(1世)の関連情報

関連キーワード

クヌートクヌット[2世]クヌートハロルド1世人工林日本の森林商業捕鯨と調査捕鯨ふらのまちづくり株式会社選子内親王イスパルタ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation