@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウィルキンソン錯体【うぃるきんそんさくたい】

世界大百科事典 第2版

うぃるきんそんさくたい【ウィルキンソン錯体】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

ウィルキンソン錯体
ウィルキンソンサクタイ
Wilkinson's complex

クロロトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム[RhCl{P(C6H5)3}3]のこと.1965年にG. Wilkinson(ウィルキンソン)一派によって合成され,詳しい研究がなされたので,今日この名称でよばれるようになった.三塩化ロジウムRhCl3・3H2Oと過剰のトリフェニルホスフィンとをアルコール中で加熱すると得られる.このとき,過剰のトリフェニルホスフィンは還元剤としてはたらいて,自身はトリフェニルホスフィンオキシドO=P(C6H5)3となる.深赤色の結晶.クロロホルム,ジクロロメタンに可溶,ベンゼン,トルエンに微溶.溶液は空気中の酸素と反応して[RhCl{P(C6H5)3}2]O2を生じる.水素とは常温・常圧で可逆的に反応してcis-[RhCl(H2){P(C6H5)3}2]を与える.一酸化炭素との反応では,trans-[RhCl(CO){P(C6H5)3}2]が得られる.さらにハロゲン化合物との酸化的付加反応も数多く見いだされている.この錯体のもっとも顕著な特性は,常温・常圧下でアルケンおよびアセチレンの有効な均一系水素化触媒としてはたらくことである.この触媒作用は,P(C6H5)3の一つが溶液中で解離しやすく,その空いた配位座へ基質が配位して進行するものとされている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィルキンソン錯体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウィルキンソン錯体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation