@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウィルソン(Richard Wilson)【うぃるそん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウィルソン(Richard Wilson)
うぃるそん
Richard Wilson
(1714―1782)

イギリスの風景画家。ウェールズのモントゴメリーシャーに生まれる。初め肖像画を描いたが、イタリア遊学中、おもにローマとその近郊の廃墟(はいきょ)に心ひかれ、それを題材にして風景画に専念するようになった。1775年ロンドンに帰って数年間はイタリア風景を描いて名声を得、アカデミー会員にもなったが、やがて、イギリスの自然に親しみ、イギリスの風景を描くにつれ無視されるようになった。作風はじみで落ち着きがある。晩年不遇のうちにウェールズに帰ったが、後世風景画の樹立者の一人と認められた。

[岡本謙次郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィルソン(Richard Wilson)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウィルソン(Richard Wilson)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation