@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウィンザーの陽気な女房たち【ウィンザーのようきなにょうぼうたち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウィンザーの陽気な女房たち
ウィンザーのようきなにょうぼうたち
The Merry Wives of Windsor
イギリスの劇作家シェークスピア喜劇。5幕 23場。 1597年執筆。好色漢フォールスタッフが2人の人妻に恋文を送って,かえって女たちのなぶり物になる喜劇で,一部イタリアの小説に題材をかりているが,ほとんどが創作。『ヘンリー4世』のフォールスタッフの恋する姿が見たいというエリザベス女王の求めに応じて書かれたといわれている。当時のイギリスの生活を描いたシェークスピアの唯一の作品で,ほとんど全編散文で書かれている。ウィンザー離宮初演されたらしい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ウィンザーの陽気な女房たち
ドイツの作曲家オットーニコライのドイツ語による全3幕のオペラ(1849)。原題《Die lustigen Weiber von Windsor》。シェークスピアの同名の戯曲に基づく。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウィンザーの陽気な女房たち
うぃんざーのようきなにょうぼうたち
The Merry Wives of Windsor

イギリスの劇作家シェークスピアの喜劇。時のイギリス女王エリザベス1世の「恋に悩むフォルスタッフが見たい」との要望にこたえ、わずか2週間で書き上げたといわれる。1597年4月23日、ウィンザー宮殿で初演されたと推定される。フォルスタッフは、同じ作者の『ヘンリー4世』(1597)で活躍する愉快な老兵であるが、この劇では、陽気な2人の人妻フォード夫人とページ夫人に同文の恋文を送ったことから、女たちからさんざんに嘲弄(ちょうろう)されたあげく、籠(かご)に入れられて汚い川に投げ込まれたり、森の妖精(ようせい)に扮(ふん)した人々からいじめられたりする。軽喜劇であるが、シェークスピアとしては唯一の現代市民劇となっている。日本では1912年(明治45)帝国劇場初演。

[小津次郎]

オペラ

この喜劇には二つのオペラ作品がある。一つは19世紀前半のドイツの作曲家オットー・ニコライの同題のオペラで、1849年ベルリン初演。もう一つはイタリアのベルディ作曲の『ファルスタッフ』Falstaffで、1893年ミラノ初演。いずれも今日のオペラのレパートリーとしてよく上演されるが、とくに後者はベルディ最後のオペラでもあり、楽劇風な扱いに彼の円熟した技量が示された名作である。

[三宅幸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ウィンザーのようきなにょうぼうたち ‥のヤウキなニョウバウたち【ウィンザーの陽気な女房たち】
(原題The Merry Wives of Windsor)
[一] 喜劇。シェークスピア作。一五九七年ウィンザー城で初演。騎士フォルスタフが、機知に富んだウィンザーの夫人たちの笑いぐさになる話。
[二] (一)にもとづくオットー=ニコライ作曲の三幕のオペラ。一八四九年ベルリン初演。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィンザーの陽気な女房たち」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウィンザーの陽気な女房たちの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation