@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウィーン学団【ウィーンがくだん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウィーン学団
ウィーンがくだん
Vienna Circle; Wiener Kreis
ウィーン大学哲学教授 M.シュリックを中心として形成された哲学者,科学者の一団をいう。「学団」 Kreisといって「学派」 Schuleといわないのは,いわゆる学派主義を避けたからであるといわれる。各人の考えが必ずしも一致していたわけではないが,形而上学を排し,哲学を科学と同じような客観的な学問,科学哲学として考える点で共通していた。 1928年には「マッハ協会」がこれらの人々を中心にして設立され,公的な活動が始った。彼らは E.マッハ,B.ラッセル,L.ウィトゲンシュタインの影響を受け,言語分析,記号論理の研究を展開し,論理実証主義の形成に大きな影響を与えた。 38年ナチスの弾圧により解散,メンバーの多くはイギリス,アメリカへ亡命し,シカゴ大学ではカルナップ,C.G.ヘンペルが加わることによってシカゴ学派が形成された。ウィーン学団のおもな学者としてはシュリックのほかに,カルナップ,ファイグル,Ph.フランク,K.ゲーデル,O.ノイラート,ヘンペルらがあげられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ウィーン‐がくだん【ウィーン学団】
1920年代後半に哲学者シュリックを中心としてウィーンで結成された、主に社会科学者・自然科学者などの一団。形而上学解消や哲学の科学化を目ざし、実証主義記号論理学を結びつけ論理実証主義進展寄与、また分析哲学が生じるきっかけをつくった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うぃーんがくだん【ウィーン学団】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウィーン学団
うぃーんがくだん
Wiener Kreisドイツ語
Vienna Circle英語
1924年ごろから、物理学の出身でウィーン大学で哲学を講じていたモリツ・シュリックを中心として一群の自然科学者、数学者などが集まり、哲学的な議論を戦わせていた。そして、1920年代の末、当時ベルリンにいた哲学者ライヘンバハなどと呼応して意識的に一つの哲学上のグループを形成し、出版、国際会議開催などの活動を始めたが「学派」Schuleの名を嫌い、Wiener Kreisと名のったので、普通この「ウィーン学団」の訳名でよばれる。メンバーのなかでも有名なのは、シュリックのほか、哲学者カルナップ、同ファイグル、社会学者ノイラート、数学者ゲーデルなどであるが、若いころのイギリスの哲学者エイヤーやアメリカの論理学者クワインなども、ウィーンに行ってこの学団の活動に触れた。また前記のライヘンバハをはじめ、似たような立場の哲学者と連絡をとっていたので、広義にはこの人たちも含めた広い範囲の学者をさすことがある。
 学団は、哲学の専門家がほとんどいず、物理学、数学、経済学などの個別科学の専門家によりなる各メンバーが自由にその意見を表明して、活発な討論を行うことを目ざしたグループで、かならずしも一つの体系を共有するものではなかったが、だいたいの傾向として次のようなことがあげられる。当時の現代論理学の成果に示唆を得、科学上の成果をすべて論理記号で書き表されるものと想定したこと。この想定のうえで、論理的な正否が決定できる命題、および科学の認める経験によって正否が決定できる命題は、すべて論理記号によって有意味な命題として表現できるとしたこと。この2種の命題に書き直せないものはすべて無意味な命題であるとし、とくに、伝統的な哲学の命題の大部分はこれに属するとしたこと。このような無意味な命題を、学団のメンバーは「形而上(けいじじょう)学的なもの」とよんだ。
 以上のことからわかるように、この学団は経験主義ないし実証主義の系譜にたつものであるが、同時に、ラッセルやウィットゲンシュタインによる論理学の哲学への応用に影響され、論理主義的な立場から論理学と一体となった数学を重視していた。そこでこの学団の哲学には「論理実証主義」のレッテルがはられ、やがてメンバー自身もこのレッテルを受け入れるようになった。
 論理記号による表現に即して有意味な命題と無意味な命題とを選別するというプログラムを実行することは意外に困難なことがしだいにわかってくるうちに、1938年オーストリアを合併したナチス・ドイツの手によりこの学団は解散させられた。だが、メンバーの多くは、アングロ・サクソン圏に亡命し、今日の分析哲学が生ずるきっかけをつくった。[吉田夏彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィーン学団」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウィーン学団の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation