@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウィーン工房【ウィーンこうぼう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウィーン工房
ウィーンこうぼう
Wiener Werkstätte
ウィーン分離派により 1905年設立された工芸品,家具の工房。フリッツ・ウェルンドルファーの後援のもとに,ヨゼフ・ホフマンらによって指導され,その活動は,近代デザインの最初の革新運動の一つとなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ウィーンこうぼう【ウィーン工房 Wiener Werkstätte】
20世紀初頭,ウィーンに設立された工房。19世紀末に,全欧を巻き込んだ新しい芸術創造を目ざす気運の一環としてゼツェッシオン(分離派)が組織されたが,その理念の工芸面における実践を図ろうとしてつくられた。1903年ウィーンの建築家J.ホフマンやモーザーKolo(man) Moser(1868‐1918)らによってウィーン分離派所属の工芸品製作所として設立。05年独立の工房となり有能な美術家と工芸家をともに擁し,建築,室内装飾,家具,織物,ガラス細工,陶器,金銀細工,皮革,宝石,レース,ししゅう,本の装丁,喫煙具に至るまで新しいデザインを凝らして製作し,工房マークの〈W.W.〉を記し,さらにその販売組織をもって当時の流行を大きく支配した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウィーン工房
うぃーんこうぼう
Wiener Werksttte
1903年、ウィーンのヨーゼフ・ホフマンとコロマン・モーザーが主宰して設立した工芸工房。過去文化圏からの分離を目ざしたゼツェッション(分離派)運動の一つの展開であった。05年には工房の体制がほぼ整い、金工、皮革工芸、製本などのそれぞれの分野で仕事が進められた。工房の作品は1点ずつ愛着を込めて制作され、新鮮な感情をもってはいるものの、むしろ時代に逆行するような手法がとられた。工房の洗練された趣味を示す代表作にブリュッセルのストックレー邸(1905~11)があげられる。設計ホフマン、建築内部の家具、食器、工芸品のすべてが工房で制作された。ホフマンの意図した優雅な造形は、種々の博覧会や展覧会への出品によって各国へ多くの影響を与えたが、近代合理主義思潮の台頭のもとでは手工芸性や趣味性のそしりを免れず、32年工房は閉鎖のやむなきに至った。[高見堅志郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィーン工房」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウィーン工房の関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画河上肇韓国統監府ベンガル分割ロシア革命

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation