@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウェストン(Walter Weston)【うぇすとん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウェストン(Walter Weston)
うぇすとん
Walter Weston
(1861―1940)

イギリス人牧師。日本近代登山の父といわれる登山家。ケンブリッジ大学を卒業。1889~94年、1902~05年、1911~15年の3回、神戸と横浜に牧師として滞在中に、日本アルプスや富士山、それに九州などの山々に登り、1896年『日本アルプス・登山と探検』をロンドンのJ・マレー社から発行、日本アルプスの名を世界に広めた。また小島烏水(うすい)らと日本山岳会結成のために尽くし、1910年(明治43)日本山岳会最初の名誉会員となる。17年イギリス王立地学協会からも日本アルプス開拓の功によりバック・グランド賞を受賞。イギリス山岳会会員。著書はほかに『極東の遊歩場』『Japan』などがある。37年北アルプス上高地の梓(あずさ)川畔にレリーフがたてられ、第二次世界大戦後は毎年6月の第1日曜日に「ウェストン祭」が行われる。

[徳久球雄]

『岡村精一訳『極東の遊歩道』(1984・山と渓谷社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェストン(Walter Weston)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウェストン(Walter Weston)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation