@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウェブアーカイビング【うぇぶあーかいびんぐ】

図書館情報学用語辞典

ウェブアーカイビング
将来の利用のためにウェブ上で公開されたコンテンツを収集し保存する活動.大きく選択的収集とバルク収集とに分かれる.選択的収集は特定のサイト単位や主題単位で収集することであり,バルク収集は国全体やウェブ全体を対象として収集することである.技術的にはバルク収集の方が容易である.最大のウェブアーカイブとして,ウェブ全体のバルク収集を行なう「インターネット・アーカイブ(Internet Archive)」がある.日本では国立国会図書館が「インターネット資料収集保存事業」として公的機関を中心とした選択的収集を行なっている.ウェブコンテンツの大規模な収集や提供を実現するために,著作権法などの改正を行った国も多い.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェブアーカイビング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウェブアーカイビングの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation