@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウェルス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウェルス
Verus, Lucius Aurelius
[生]130.12.15.
[没]169
ローマ皇帝 (在位 161~169) 。前名ルキウス・ケイオニウス・コンモドゥス。同名である自分の父をハドリアヌス帝が後継者 (ハドリアヌスの庶子と推定される) と定めていたが,父が没したため,ハドリアヌスはアントニヌス・ピウスを後継者と定め,ピウスにルキウスとマルクス・アンニウス・ウェルスを養子として迎えさせた。ピウスの死 (161) 後,マルクスがマルクス・アウレリウスアントニヌスとして皇帝となるや,ルキウスもルキウス・アウレリウス・ウェルスとして同時に皇帝となり,ローマ史上初めての2皇帝支配が出現。しかし実際上の権力は同等ではなく,彼自身その重責に足る人物ではなかったといわれる。アルメニアメソポタミア転戦 (162~166) 。パンノニア付近でゲルマンと戦った (167~168) が,その帰途急死

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェルス
Wels
オーストリア北西部,オーバーエスターライヒ州の都市。リンツ南西約 30km,ドナウ川支流のトラウン川左岸にあり,先史時代からの集落地。ローマ時代には属州ノリクムの州都であった。中世には,中心的な市場町として栄え,神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世死去 (1519) した城や 14世紀のレーデラー塔などの歴史的建造物も多い。鉄道,道路交通の分岐点で,ウシおよび穀物の市場がある。工業では農業機械,繊維,食品などが中心。人口5万 3042 (1991) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ウェルス【Lucius Aurelius Verus】
130‐169
ローマ皇帝。在位161‐169年,マルクス・アウレリウスと共治。前名はルキウス・ケイオニウス・コンモドゥス。ハドリアヌスの意向でマルクスと共にアントニヌス・ピウスの養子となる。ピウスからは重視されなかったが,154,161年の2度コンスルとなった。ピウス死後マルクスに推され,2正帝として共治。マルクスの妹を妻とした。病弱だったがギリシアの都市再建策などに行政能力を示している。163‐166年には東方パルティアを討って凱旋式をあげた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ウェルス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウェルスの関連情報

関連キーワード

争点証拠整理手続オオカミルキウス ウェルス正史以東底引網漁業リンクローカルアドレスエンニウス持続可能な開発目標上北山(村)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation