@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウェルナー(Zacharias Werner)【うぇるなー】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウェルナー(Zacharias Werner)
うぇるなー
Zacharias Werner
(1768―1823)

ドイツ・ロマン派の劇作家。ケーニヒスベルクに生まれる。官能生活への惑溺(わくでき)と敬虔(けいけん)な信仰の間に揺れ動く不安定な性格に苦しみ、1810年カトリックに改宗。のちにカトリック司祭となり、晩年は説教司祭としてウィーンで名声を博した。代表作『二月二十四日』(1810初演)は当時ドイツ演劇界を風靡(ふうび)した運命悲劇の先駆的作品で、偶然のなかに呪(のろ)いが完成してゆく宿命論的悲劇である。

[中井千之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェルナー(Zacharias Werner)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウェルナー(Zacharias Werner)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation