@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウェルナー症候群【ウェルナーショウコウグン】

デジタル大辞泉

ウェルナー‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【ウェルナー症候群】
Werner's syndromeドイツ医師オットー=ウェルナーにより注目された早老現象を伴い皮膚萎縮を特徴とする疾患。思春期ごろ、身長の発育がとまり、脱毛や筋肉の萎縮、皮膚の乾燥などの症状を呈する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うぇるなーしょうこうぐん【ウェルナー症候群】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ウェルナーしょうこうぐん【ウェルナー症候群】
ドイツの医師 Otto W. Werner(1879~1936)が1904年に発表したことから
成人にみられる早老症の一。白内障、皮膚の萎縮、白髪化・脱毛、骨粗鬆症こつそしようしよう、動脈硬化などの老化現象が若年期より認められ、半数が糖尿病を発症する。原因となる遺伝子異常が解明されている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六訂版 家庭医学大全科

ウェルナー症候群
ウェルナーしょうこうぐん
Werner syndrome
(皮膚の病気)

どんな病気か

 早老症(そうろうしょう)の代表的疾患で、さまざまな生理的老化に似た症状を示します。

原因は何か

 DNA(デオキシリボ核酸)の複製、修復、組み換え、転写などに関わる酵素に遺伝子の異常があることが原因です。

症状の現れ方

 ①特徴的体型(低身長、細い四肢、ビヤ樽のような体型など)、②早期老化の徴候(白髪、動脈硬化、しわがれ声、白内障(はくないしょう)など)、③強皮症(きょうひしょう)に似た皮膚の硬化、④内分泌学的症状(糖尿病、性機能不全、無精子症、不妊症など)が特徴です。

 四肢末梢部の皮膚は光沢があり、硬く、つまみ上げることができません。顔面でも同様の変化が起こり、(とが)った鼻、飛び出したように見える眼球から、鳥様顔貌(がんぼう)とも呼ばれます。限局性の角質増殖(いわゆる、うおのめ)が足の底や側縁部にできます。足は難治性潰瘍を生じやすくなります。脱毛、白毛が早期から現れます。限局性の石灰化が、アキレス腱、(ひざ)(ひじ)、足関節の靭帯(じんたい)などにみられます。

検査と診断

 表皮、真皮の萎縮(いしゅく)があり、真皮コラーゲンには線維化、硝子化(しょうしか)がみられます。皮下脂肪組織、皮膚附属器の萎縮も著明です。

治療の方法

 皮膚の潰瘍は再発しやすく、難治性です。肉腫(にくしゅ)、甲状腺がん、悪性黒色腫の発生頻度が高いため、生命予後はこれらの治療によって変わります。

病気に気づいたらどうする

 皮膚科、内科を受診します。

宇谷 厚志

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェルナー症候群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウェルナー症候群の関連情報

関連キーワード

分類と症候群加齢と寿命低換気症候群Alport症候群いびきブドウ球菌感染症洞機能不全粘膜脱症候群血球貧食症候群皮質基底核変性症

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation