@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウェルナー錯体【うぇるなーさくたい】

世界大百科事典 第2版

うぇるなーさくたい【ウェルナー錯体】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウェルナー錯体
うぇるなーさくたい
Werner complex

スイスの化学者A・ウェルナーの配位理論によって説明することのできる錯体をいう。すなわち、中心金属イオンに非共有電子対をもつ分子あるいはイオン(単原子イオンでも多原子イオンでもよい)が配位してできた錯体をいう。このとき生成する錯体はイオンであっても分子であってもよい。たとえば、[Co(NH3)6]3+、[Fe(CN)6]4-、[Co(NO2)3(NH3)3]、[Cr(NH2CH2COO)3]、[Cr(H2O)6]3+、[Cr(edta)]-などがそうである。しかしこれらとは違って、サンドイッチ錯体や、オレフィン錯体、アリル錯体などは、配位結合にπ(パイ)電子系が関与しており、しかも逆供与によってπ結合を生成するなどしていて、ウェルナーの配位理論では説明できないので非ウェルナー錯体とよばれる。

[中原勝儼]

『渡部正利・矢野重信・碇屋隆雄著『錯体化学の基礎――ウェルナー錯体と有機金属錯体』(1989・講談社)』『F・A・コットン、G・ウィルキンソン、P・L・ガウス著、中原勝儼訳『基礎無機化学』(1998・培風館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ウェルナー錯体
ウェルナーサクタイ
Werner complex

遷移金属錯体は,ウェルナー錯体と非ウェルナー錯体に大別される.ウェルナー錯体の配位結合は,おもに配位子のσ電子の供与によって起こり,結合の安定化エネルギーは,中心金属d軌道と相互作用する配位子σ軌道の安定化によっている.一般的に,中心金属原子の価数が大きいものにみられる.常磁性化合物が安定に存在する.例:[Co(NH3)6]Cl3,K3[Fe(CN)6],K3[Cr(NH3)6]など.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェルナー錯体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウェルナー錯体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation