@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウェルホーフ病【うぇるほーふびょう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウェルホーフ病
うぇるほーふびょう
血小板減少による皮膚への出血から紫斑(しはん)を主要症状とする原因不明の疾患で、特発性血小板減少性紫斑病ともよばれ、特定疾患(難病)の一つ。ときに鼻出血、歯肉出血、血尿、女性性器出血なども認められる。1735年ドイツの医師ウェルホーフPaul Gottfried Werlhof(1699―1767)が初めて独立疾患扱いをして記載したところからこうよばれた。抗血小板自己抗体が証明され、いわゆる自己免疫疾患に分類されている。[古江増隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェルホーフ病」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウェルホーフ病の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation