@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウェーベルン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウェーベルン
Webern, Anton von
[生]1883.12.3. ウィーン
[没]1945.9.15. ザルツブルク
オーストリアの作曲家。ウィーン大学で G.アドラーに音楽学を学び,H.イザークに関する論文で学位を得た。 1904年からベルクとともにシェーンベルクに学び,師の創始した12音音楽の推進に貢献。後期ロマン派の影響のもとに出発するが,まもなくそれから離れ,小形式,小編成のうちに極度に音を凝縮した,独自の音楽語法を推し進めていった。 op.17の歌曲 (1924) 以後,12音技法が採用され,さらに op.21の交響曲 (28) では,12音列を音響空間にちりばめた点描的手法が追求され,透明な緊張した音世界が作り出された。晩年近くには,ミュジック・セリエル (→セリー ) の先駆をなす作品がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ウェーベルン(Anton von Webern)
[1883~1945]オーストリアの作曲家。シェーンベルクに私淑し、無調主義音楽を主張、十二音技法を採用した。代表作「交響曲」「ピアノ変奏曲」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ウェーベルン【Anton von Webern】
1883‐1945
オーストリアの作曲家。シェーンベルク,ベルクらと並んで第2ウィーン楽派の一人として活躍。鉱山技師の家に生まれ,母からピアノの手ほどきを受ける。1902‐06年ウィーン大学で音楽学を専攻,アードラーGuido AdlerのもとでH.イザークに関する論文で学位を取得。1904‐08年シェーンベルクに個人的に作曲を学ぶ。1908‐17年にはオーストリア各地の劇場で指揮者として生計を立て,18‐22年にはシェーンベルクの主宰する〈私的演奏協会〉の一員として多くの現代作品の演奏に携わった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウェーベルン
うぇーべるん
Anton (von) Webern
(1883―1945)

オーストリアの作曲家。12月3日ウィーンに生まれる。母からピアノの手ほどきを受け、1899年から作曲を始める。1902年ウィーン大学に入学し、G・アドラーのもとで音楽学を専攻。04年からシェーンベルクの弟子となり、アルバン・ベルクらとともに作曲を学び、師から決定的な影響を受けた。08年以降、各地で指揮者として活躍。ウィーン勤労者交響楽演奏会および同合唱団の指揮者、オーストリア放送局常任指揮者、同局顧問等を歴任。またBBC放送の客演指揮者として数度ロンドンに招かれた。しかし、ナチス政権の台頭によって失職。45年9月15日、疎開先のザルツブルク近郊ミッターシルで、アメリカ軍兵士によって誤って射殺された。

 彼は後期ロマン主義の伝統から出発して、しだいに無調音楽に向かい、小編成、小形式による緊張度の高い独自の様式をつくりあげていった。さらにシェーンベルクに続いて十二音技法を採用して複雑精緻(せいち)な諸作品を発表したが、後期には一転して、音の極度な凝縮と節約を原理とする点描的な手法を示し、第二次世界大戦後の前衛音楽に重大な影響を及ぼした。主要作品に管弦楽曲『パッサカリア』(1908)、弦楽四重奏曲『五つの楽章』(1909)、同『六つのバガテル』(1913)、『弦楽四重奏曲』(1938)、『弦楽三重奏曲』(1927)、『交響曲』(1928)、カンタータ『月の光』(1935)、『第一カンタータ』(1939)、『第二カンタータ』(1943)、『管弦楽のための変奏曲』(1940)などがある。

[寺田由美子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ウェーベルン
(Anton von Webern アントン=フォン━) オーストリアの作曲家、音楽学者。シェーンベルクの門下の一人。一二音技法による作品が多く、電子音楽にも影響を与える。(一八八三‐一九四五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェーベルン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウェーベルンの関連情報

関連キーワード

アルマン条約ガルシン電気事業フィラデルフィア・フィリーズサンフランシスコ・ジャイアンツポンキエリアモンウィンチェスターウェルクマイスタークレーギー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation