@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウォツカ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウォツカ
vodka
おもにロシアで造られる蒸留酒一種ライ麦小麦大麦,じゃがいもなどを原料として発酵させ,蒸留したもので,無味無臭,無色であるために調合に適している。市販のもののアルコール濃度は 40~60%。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウォツカ
うぉつか
водка vodka ロシア語
ロシアの代表的な蒸留酒。ウォツカはロシア語のウォダвода/voda(水)からきた名称で、「かわいい水」という意である。ウォツカはロシアで14世紀のころからつくられ、帝政末期のロシア皇帝もこれを愛飲したといわれる。以前はロシア以外にポーランド、バルト海沿岸諸国でのみ生産されていたが、第二次世界大戦後は世界各国に広がり、とくにアメリカでは目覚ましく、最近ではロシアをしのいで世界一のウォツカ産出国になった。[秋山裕一]

製造法

ウォツカの原料は、ジャガイモ、オオムギ、トウモロコシ、コムギが使われる。これらを蒸煮(じょうしゃ)し、オオムギの麦芽で糖化後、発酵させ、高性能の連続式蒸留機で精留する。この中性アルコールを加水し、白樺(しらかば)炭の層を通す。白樺炭は数本から多いものは20本ほどの銅またはステンレス製の円筒に詰められており、この中をゆっくりと流すことにより、粗さや不純物からくるにおいや味がとれて、ウォツカ特有のまろやかな甘味のある酒になる。ウォツカの貯蔵は木樽(きだる)は使用せず、ステンレスや、ほうろうタンクが用いられる。[秋山裕一]

飲み方

ウォツカは、アルコール分が40~60%、無色。冷やしてストレートで飲むほかに、カクテルの主要なベースとして使われる。ロシア料理の食前酒はウォツカのストレートを供する。アルコール分が高いので、ミネラルウォーターやトマトジュースで割って飲む。日本ではスミノフSmirnoff、サモーバーSamovar、ギルビーGilbeyなどが有名である。ロシアやポーランドにはフレーバーを加えたウォツカがあり、ズブロフカZubrovkaは芳草ズブロフカ草を浸漬(しんし)したもので、芳香がある。ほかに砂糖、香辛料、ワインなどを入れたものや、ナシやリンゴの葉を浸漬したスタルカStarkaなどがある。[秋山裕一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォツカ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウォツカの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation