@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウォルポール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウォルポール
Walpole, Horace, 4th Earl of Oxford
[生]1717.9.24. ロンドン
[没]1797.3.2. ロンドン
イギリスの小説家,政治家。首相 R.ウォルポールの子で,国会議員。ロンドン近郊ストロベリー・ヒルにゴシック風の大邸宅を構え美術品を集め,ゴシック小説『オトラントーの城』 The Castle of Otranto (1764) を書いて,いわゆる恐怖小説の流行をもたらした。 1732年から 97年の間に書かれた書簡も有名で,自伝的な記述のほか当時の社会,政治に関する観察や意見がみられ,資料としても重要である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォルポール
Walpole, Sir Hugh (Seymour)
[生]1884.3.13. ニュージーランド,オークランド
[没]1941.6.1. カンバーランド,ケジック
イギリスの小説家。ケンブリッジ大学卒業。 1909年に処女作『木馬』 The Wooden Horseを発表。『ペリン氏とトレイル氏』 Mr. Perrin and Mr. Traill (1911) は学校生活を主題とする小説で,続く『不屈の勇気』 Fortitude (13) で大成功を収めた。『秘密都市』 The Secret City (19) によってジェームズ・テート・ブラック賞を得,晩年は歴史小説に新境地を開いた。ほかに,コンラッド,トロロープに関する評論など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォルポール
Walpole, Sir Robert, 1st Earl of Orford
[生]1676.8.26. ノーフォークシャー,ホートンホール
[没]1745.3.18. ロンドン
初代首相とされるイギリスの政治家。ケンブリッジ大学で教育を受けたあと,1700年父の死により,多額の債務を負う所領と,同家の選挙区を相続。同年この選挙区から議員に選出され,01年ホイッグ党議員になった。 08年より陸軍長官その他の職を経て,15年大蔵総裁兼大蔵大臣になったが,イギリスの外交政策をめぐって約2年で辞職。ほどなく軍事支払総監として政府に復帰。 21年南海泡沫事件後の政局混乱に際して政治的手腕を発揮し,名声を高め再び大蔵総裁に就任。 42年まで 20年以上在職し,政府を指導。その間,対外平和政策を推進するとともに,国内的には買収による下院ホイッグ党勢力の安定を基礎に,責任内閣制の発達を促した。 37年以降政治的立場が弱まりはじめ,対スペイン戦争,オーストリア継承戦争 (1740~48) における戦況の不利からウォルポールに対する不満が高まり,41年の総選挙では勝利を収めたものの,翌年辞職した。辞任後,初代オーフォード伯に叙せられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ウォルポール(Robert Walpole)
[1676~1745]英国の政治家ホイッグ党指導者ジョージ1世時代の1721年、史上初の責任内閣首相となり、1742年に引退するまで平和外交の推進、財政の健全化に尽力

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォルポール(Walpole)
オーストラリア、西オーストラリア州南西部の町。周辺には、樹高数十メートルの大木に成長するカリーやレッドティングルの森があり、ウォルポールノーナラップ国立公園内に、樹冠付近を見学できる歩道橋が設置されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ウォルポール【Horace Walpole】
1717‐97
イギリスの文人,政治家。首相ロバート・ウォルポールの末子として生まれる。イートン校,ケンブリッジ大学に学ぶ。その間詩人トマス・グレーなどと親しくし,同じ趣味を培う。グレーとともに大陸旅行に行き,帰国後国会議員として父同様ホイッグ党の伝統を受け継ぐが,彼自身は決して政治的ではなかった。1747年ロンドン郊外トウィックナムゴシック風の家ストローベリー・ヒルを作る。こうした趣味からイギリス最初のゴシック・ロマンスオトラント城奇譚》(1764)が生まれ,また近親相姦の悲劇《なぞの母親》(1768)が作られた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ウォルポール【Robert Walpole】
1676‐1745
イギリスの政治家。最初の〈首相〉といわれる。ノーフォーク州の古い家柄の地主の家に生まれ,ケンブリッジ大学中退後,1701年に庶民院議員,08年陸軍長官,10年海軍財務長官となったが,12年に収賄罪で罷免,投獄された。14年ジョージ1世が即位してトーリー党が没落すると,ウォルポールは急速に勢力を伸ばし,15年には大蔵卿となったが,外交政策をめぐる意見の対立から17年閣外へ去った。しかし20年に南海泡沫事件がおこると,その財政手腕を買われて事後処理にあたり,翌年ふたたび大蔵卿に就任,閣内第一人者として〈首相〉とよばれるようになり,42年まで長期政権の座にあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ウォルポール【Robert Walpole】
1676~1745) イギリスの政治家。ホイッグ党員。1721年首相となり二〇年間政権を担当、下院の信任による責任内閣制の発達に貢献。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ウォルポール
(Sir Robert Walpole サー=ロバート━) イギリスの政治家。ホイッグ党の指導者。責任内閣制の最初の首相(在職一七二一‐四二)。健全財政と平和外交により、イギリスの繁栄に貢献した。(一六七六‐一七四五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォルポール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウォルポールの関連情報

関連キーワード

三宝備後国ラフィトー三子三筆四象抜・貫鋸草ぼんぼり回・廻・周

他サービスで検索

「ウォルポール」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation