@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウォームギヤ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウォームギヤ
worm gear
食違い軸歯車の一種。通常は1~4条のねじ状をしている歯数の少いほうの歯車をウォーム,これと噛み合う歯数の多い歯車をウォームホイール,両歯車の対をウォームギヤと呼ぶ。食違った2軸のなす角度は直角であることが多く,一般には線接触をする。この種の歯車は,静かで円滑な運転ができ,小型軽量で大きな減速比 (駆動歯車軸と従動歯車軸の回転数の比) が得られる長所をもつが,効率が低い欠点がある。なお,負荷容量を増す目的で,ウォームの歯をウォームホイールの同心円上において同時に噛み合うようにした歯車対を鼓形ウォームギヤという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うぉーむぎや【ウォームギヤ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウォームギヤ
うぉーむぎや
worm gear

歯車伝動装置の一種。1条または数条のねじ状の歯をもつ歯車をウォームといい、その形は一般的には円筒形である。このウォームとかみ合う歯車をウォームホイールといい、ウォームとウォームホイールの1組をウォームギヤという。ウォームホイールは、はすば歯車に似た歯溝を有しウォームの回転により回転する。ウォームとウォームホイールの軸は直角の場合が多い。ウォームギヤは1組で300分の1程度までの大きな減速比が得られる。一般には、ウォームホイールからウォームに回転を伝えることはできないが、ねじれ角を大きくすることにより可能になる。

[中山秀太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ウォーム‐ギヤ
〘名〙 (worm gear) 歯車伝導装置の一つ。一条または数条の螺旋(らせん)からなるウォームと、歯溝が刻まれているウォームホイールとをかみ合わせて動力伝達に使われる。大きな減速比を得られ、逆転が不可能なことが特徴。
※ガトフ・フセグダア(1928)〈岩藤雪夫〉一「ピッチの長いウォムギアに似た黒い浪のうねりの上に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォームギヤ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウォームギヤの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation