@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウガリト語【ウガリトご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウガリト語
ウガリトご
Ugaritic language
前 13世紀頃まで,現在のシリア北部にあたるウガリト王国で話されていた言語セム語族に属し,カナン語アラム語とともに北西セム語に分類されるが,そのなかでの位置については定説がない。 1929年に古代のウガリト王国のあったシリア海岸のラスシャムラで発見された土板によって知られている。楔形文字で書かれたこれらの土板は叙事詩を多く含み,旧約聖書やホメロス文学に新たな光を投げかけている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウガリト語
うがりとご
Ugaritic

紀元前15~前13世紀ごろに、現在のシリアの周辺で話されていたと考えられる言語。セム語族に属する。1929年以降シリアの地中海岸地方のラス・シャムラで発掘された粘土板に、一種の楔形子音(くさびがたしいん)文字で記されている言語である。セム語族のなかでは、フェニキア語やヘブライ語とともに、その北西セム語派のうちのカナン語群に属するとされている。現在ある程度研究も進み、ヘブライ語との比較が重視されている。

[湯川恭敏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ウガリト‐ご【ウガリト語】
〘名〙 古代都市ウガリトの遺跡から出土した紀元前一四世紀頃の粘土板にウガリト楔形文字で書かれていた言語。系統については定説がなく、北西セム語説と北カナン語説がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウガリト語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウガリト語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation