@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウス・ルジーアダス【うするじーあだす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウス・ルジーアダス
うするじーあだす
Os Lusiadas
ポルトガルの詩人カモンイスの叙事詩。1572年刊。題名はイベリア半島の西端に定住した、酒神バッコスの子といわれる伝説的な人物ルーゾの子孫であるルジタニア人、つまりポルトガル人の意。その国民の英雄的偉業をたたえた愛国的作品で、ポルトガル国民の聖書ともいうべき精神性をもつ。インド航路発見とポルトガルの航海者バスコ・ダ・ガマの第1回遠征を軸とし、豊かな想像力と作者自身の経験とを加えて、神話や悲劇の美女イネース、巨人アダマストールらの劇的挿話を織り込んでポルトガル史を浮き彫りにしている。ホメロスの『オデュッセイア』、ウェルギリウスの『アエネイス』に倣い、11音節の8連詩10編、1102節からなる。[濱口乃二雄]
『小林英夫・池上岑夫・岡村多希子訳『ウズ・ルジアダス』(1978・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウス・ルジーアダス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウス・ルジーアダスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation