@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウッダーラカ・アールニ

世界大百科事典 第2版

ウッダーラカ・アールニ【Uddālaka Āruṇi】
ヤージュニャバルキヤとともに,古代インドのウパニシャッド文献に出る最大の思想家の一人。生没年不詳。その思想はおもに《チャーンドーギヤ・ウパニシャッドChāndogya‐upaniṣad》の特に第6章に,わが子シュベータケートゥへの教えというかたちで伝えられている。それによれば,太初,宇宙は〈(う)sat〉のみであったが,〈有〉は火・水・食物を創造し,その3者の中にアートマン(自我)として入りこみ,3者を混合して名称nāmaと形態rūpa(現象界)を展したという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ウッダーラカ・アールニ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウッダーラカ・アールニの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation