@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウニ類【ウニるい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウニ類
ウニるい
Echinoidea; sea-urchin
棘皮動物門ウニ綱に属する種類の総称。体は球形,半球形,円盤状などで,石灰質の骨板で骨格 (殻) をつくる。殻表に大小多数のとげをもつが,これらは運動や防御に用いられる。体は五放射相称で,体の上部に肛門が開き,下部にはアリストテレスのちょうちんと呼ばれる口器を有する。幼生はエキノプルテウスと呼ばれるプランクトン。2~3種類の卵巣食用とする。現生のものは約 850種。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウニ類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウニ類の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation